ツアー ad gp。 “ダブル剛性=真ん中だけがゆるい”グラファイトデザイン新モデル『TourAD GP』(No.39743)

ヘッドをご購入の上、カスタムクラブのご注文の場合• お申込の際にご記入頂く欄がございます。 しなり戻りのスピードは極端に速くないので、タイミングが取りやすいということです。

しかし、ミート率は低く初速が伸び悩みました。

10

先が動かずしっかりしていてハードヒッター向けという印象でしたが、『GP』は手元が硬く設計している。 なので、5月2日からのウエルズファーゴ選手権からは ドライバーのシャフトが変わっているようなのです。 1 何といってもツアーADの最大の特徴は、 ドライバープロ使用率No. 全体的に硬く、特に先が硬い為、メーカーの宣伝通り当たり負けはないですし、感じる硬さから緩む事無く、叩けないとダメなハードシャフトです。

1

バックスピンは平均2500rpmほどで、ボリュームゾーンは2700rpm付近。

8

75インチ(実測) S アッタスクール・6 63 B 10,000円 TMスリーブ付シャフト ツアーAD XC-5 43. ですが僕はGPを46インチに調整していますが、手元の硬さがあるので振り遅れを防いでくれるし、インパクトではしなり戻って、シャフトが仕事をしてくれる(石井)」と長尺化する場合にも対応でき、時代に合ったシャフトだという。 徹底した生産管理・製品管理はもちろん、日本男子ツアー使用率NO. TourAD D1-8TX・・真ん中のです。 グリップを選択してください。

12

少なくとも、スライサーが打てるTour-ADはありません・・。 練習のテンションよりも 試合のテンションを考えると、そのくらいが振りやすいのかなって。

20