遺族 厚生 年金 いつまで。 遺族年金の受給資格要件を確認しておこう [年金] All About

4-1.受給要件(遺族) 4-2.受給要件(亡くなった方) 4-3.受給金額 4-4.受給期間 遺族厚生年金の受給要件や受給額の計算は、遺族基礎年金よりもさらに複雑です。

遺族厚生年金では、上記の1~4の順番が年金の受取順位となり、先順位者が受給できない場合、後順位の遺族に受給権が移ります。 まとめ 遺族年金には国民年金の被保険者の遺族に支給される「遺族基礎年金」と厚生年金の被保険者の遺族に支給される「遺族厚生年金」とがあります。 ただし、受け取れる年金の額は、 申請時からさかのぼって5年分です。

19

受給できる期間は、被保険者が亡くなった翌日から 2年以内となりますので、その期間内に忘れずに申請しましょう。 3-1.寡婦年金の受給要件 会社員の夫は、第2号被保険者ですが、会社員の妻でも寡婦年金の対象になることがあります。

大黒柱が死亡=生活に困る家族(遺族)に支給 というのが原則です。

一度失権すると、たとえその後離婚したとしても遺族年金を受給する権利は復活しません。 本来、年金は国民の生活レベルの維持のために定められた制度ですので、どちらの方が多く受給できるのかを確認し、選択するようにしましょう。

9

また、妻が60歳を迎えたら、65歳まで寡婦年金を受け取れるケースが多いので併せてチェックしましょう。

2