感傷 ベクトル。 連載をもつ漫画家がなぜ音楽を? 感傷ベクトルインタビュー

2014年10月8日、2枚目のフルアルバム「君の嘘とタイトルロール」発売。 「after all」(作編曲)• 2016年11月22日 - 青春の始末 後夜祭 Day1• 2012年に発表された前作『シアロア』は、ウェブで連載していた漫画の各話に連動していた楽曲をアルバムとして発表した作品だっただけに、それから2年の月日をかけて、「感傷ベクトルの表現とは?」という命題に向き合った本作は、彼らにとっての本当の意味でのデビューアルバムだという言い方もできるかもしれない。 『 繋ぐ』(音楽)• Tag in myself• ベース、脚本を担当。

8

2012年• senvec -• 基本的に一回ので、で配信を確認できる。 (ジャンプ・コミックス 集英社 全2巻)• none DISC2 ワークスベストアルバム "works"• 「Kaleidoscope」(作編曲)• ともかく、今後に向けてとても重要な一歩となったことはまず間違いないだろう。 より、感傷ベクトルWEBサイトにて漫画と音楽を同時連載するメディアミックス作品「」を開始。

13

2014年• 、『』に「ReLive」を掲載し商業誌デビュー。 としては、にとしてした盤『』以来となる。

4

田口(Vo,Key,Gt):そんな前でしたっけ? なんかもっと最近なような気がするんですけど、そんなに経ってるのか……引きますね(笑)。

6

ReLive(2009年『』 Vol. 22 at 渋谷Star Lounge• 春川:そろそろ義務感を感じてるくらいです。 22 at 渋谷Star Lounge• 2015年01月30日 - 感傷ベクトル リリース記念ワンマンライブ『君の嘘とタイトルロール』• サポートメンバー [ ] ギターを担当。 「ゲシュタルト崩壊」(トラック提供)• 2012年• ボーカル、ギター、ピアノ、作詞、作曲、作画を担当。

17

越智祐介(おち ゆうすけ) ドラムを担当。

1