庭師 資格。 庭師の給与・年収は?住み込み・社員・独立開業など働き方によって大きく異なる|職業仕事の情報ポータルサイト ジョブ図鑑

20万円ももらえれば、業界の初任給としてはかなり高水準といえます。 ただし、一般的に3級は合格率が高く、等級が上がるにつれて難易度が高くなると言われます。 (一般財団法人 )• RLA、)• また、公共施設では緑化のため植木をしますが、造園空間のデザイン力が重要となります。

19

そのほかには、何もない更地にゼロから庭を作り出したり、公園やゴルフ場などの緑地化をしたりすることもあります。

6

もちろん、資格があれば庭師としての信頼性が高まることはいうまでもありません。 その強い意思を買われて造園会社に入社できますし、素晴らしいと思える庭師に弟子入りして庭師を目指すこともできます。

6

一般的には規模の大きな仕事をこなせるのが造園業とされます。 7:20 出勤 事務所の清掃や道具の準備などを行います。

17

極端にいえば、まったく経験のない人でも庭師や植木屋を名乗ることはできます。 また、庭師の方々は本当に好きでこの仕事に就いているという方が多いので、低収入の苦労はそれほど気にならず、むしろ好きな仕事に専念しながら技術の向上を目指していける環境を喜びとして働いているという方がたくさんいらっしゃることに気づかされます。

造園会社で日雇いの労働者を募集しているところは、ほとんどの場合日給制を採用しています。

3

もちろん、ご相談だけでも構いませんので、お気軽にご利用ください。 シビルコンサルティングマネージャ造園部門(RCCM、日本協会)• 前述のように「庭を造る」ことのできる職人である庭師は他の職人と一線を画して全体を見渡せる立場を任されるというわけです。

そうした庭師を目指す人は、美意識を衰えさせないようにいつも関心を寄せていることでしょう。

1