ペンス ルール。 [B! セクハラ] 「ペンス・ルール」~『最初から異性と1対1を避ける』というセクハラ回避手法の議論。それは新たな性差別を生む?

会食をしてもテーブルを分離して座る。 本来のルールが自分自身が誘惑に陥らないための宗教、自己規律的なルールだったのとは違い、2018年以降取りざたされているは、性的暴力誣告に対する対応の性格を帯びている。 net そこまで徹底してるならペンスはリスペクトされて然るべき それに引き換えなんなんだこのクズまーんは? 27: 名無しさん@涙目です。

5

著書: 『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社) 『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社) 『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社) 『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社). アメリカで大きな影響力を持ったキリスト教伝道師のビリー・グラハムも同じ原則を提唱し、「ビリー・グラハム・ルール」とも呼ばれる。 もちろん、1対1の会議を避けることはできませんが、ドアが開いているオフィス、キュービクル、またはガラス張りの会議室で会議を開催できます。 グループディナーは素晴らしいです。

9

副大統領は、(1)女性と一緒に夕食をとるわけではなく、(2)妻が同伴しない限りパーに出席しないと伝えられています。

8

第二に、ペンス・ルールのバリエーションは、評判の害から両側を保護します。

南川麻由子弁護士は「記者が男性なら一対一で会うけど女性なら会わない」のであれば、それも 性差別だと思いませんか? 公人としては、男女関係なく取材は受けるべきです。 今回のセクハラ問題で 「女性記者は男性と2人で会うな」 「記者はもう男性だけに絞った方がいい」 などと発言したら「逆差別」とかなり批判・バッシングされています。 アンケートにご協力をお願いします。

9

ちょっと待って! 記事によると、「女性の同僚との夕食はもうありません。 旅行するのに家族と離れている間、不道徳に陥った伝道者を、我々はよく知っていた。

11