パソコン 管理 者 権限。 「コンピューターの管理者」の変更

・「ユーザー情報」の画面に切り替わり、管理者の場合は 「ユーザー名」と 「ローカルアカウント」の 「管理者」の名前が確認が出来ます。 Administrator以外に管理者を作成すると、Administratorが表示されなくなるのは仕様です Professionalであれば、コンピュータの管理からの変更は可能ですが。 管理者権限を持たないアカウントでPCを利用する上では、一部を除いてはRunAsコマンドやプログラムのショートカットの[詳細設定]ボタンの『別の資格情報で実行する』という項目で管理者権限を持つ別のアカウント(Administrator等)として実行出来ますし、セキュリティ的にはそう言った使い方が推奨されていますが、それでも実際には中々難しい面もあります。

8

スタートメニューから ・左下にある 「スタート」ボタンを左クリック。 <Windows 8/Windows 8. 変更したいユーザーをクリックします。

4

フォーマットの方法や形式については、以下のページを参考にしてください。 「ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる」のチェックを入れて、「OK」をクリックします。

一つは、一時的に管理者として実行します。 管理者権限でできること ここまで管理者権限の付与について紹介してきましたが、管理者にできて標準ユーザーにできない事とはどんなことがあるのでしょうか。 ステップ2. 1・Windows7・WindowsVistaの場合は、 管理者権限でログインし、管理者として起動する必要があるソフトがあります。

18

コマンドプロンプトを使って管理者権限を付与する方法 コマンドプロンプトを管理者として起動してください。

9

「OK」をクリックし、設定を保存します。 「コンピューターの管理」の操作は「パワーユーザー」に変更できるだけではなく、他の種類の変更もできます。 また、Administratorアカウントを有効にする場合、右クリックしてパスワードを設定することがおすすめします。

16

全般タブの中にある【アカウントを無効にする】の チェックを外してOKボタンをクリックします。

6

「アカウントの種類」ボックスの右側に 『下向き』ボタンがあるのでこれをクリックします。

1

・常に管理者としてソフトを実行する方法 ステップ1. 「Power Users」をクリックし選択して「OK」をクリックします。 アカウントの種類を変更「アカウントの設定より」 スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。

9