ドイツ ビール 種類。 【知られざる世界の常識】16歳から飲酒OK!ビール大国・ドイツのビールに関する豆知識7つ

3696円 税込• 18歳以上になれば、「シュナップス」と呼ばれるアルコール度数が40パーセントほどの蒸留酒も含め、どんなお酒でも飲めるようになります。 下面発酵ビール Lager(ラガー) 地域:ドイツ全域 15世紀にバイエルンで初めて製造された、下面発酵ビールの総称。

夏の間につくるビールが腐敗しやすいことから、ドイツ南部バイエルンの醸造家たちは気温の低い冬季にビールを仕込むようになりました。 ドイツのマイクロブルワリー醸造家の中には、自分の思い描くビールを造るために、ビール純粋令では認められていないハーブやスパイスなどを副原料として用いる人もいます。 後味も濃厚で飲みごたえがあり、肉料理とも合います。

11

ドイツの詩人・ゲーテが好んだビールとしても有名です。 ドイツ国内ランキングNO1のプレミアムビールで、王室御用達でもあり、愛され続けているドイツビールです。 5倍ものビールを飲んでいます。

6

ビール本場のドイツならではのこだわりで水、麦芽、ホップでつくった添加物不使用のノンアルコールビールです。 なんとドイツには各地に1200以上のビール醸造所があり、およそ5000種類ものビールが製造されているのです。 サンクトガーレン ゴールデンエール(神奈川県)• 他国では風味を良くするためにコーンスターチやスパイスなどを加えることも普通ですが、ドイツビールに副原料はタブー。

ベルリナーヴァイセ 軽やかな酸味のあるカジュアルなビールです。 Hofer Bier(ホーファー・ビア)• ピルスナーであればピルスナーグラスといった具合ですね。 大量生産には向きませんが、 味わい深さと飲みごたえで根強い人気があり、クラフトビールも多くの種類の「エール」が造られています。

19

ほかにもたくさん、クラフトビールの豆知識 また、さらにクラフトビールをよりおいしく楽しむために、ちょっとした豆知識をいくつかご紹介しましょう。

3

炭酸が強くグビグビ飲めて夏におすすめのキレ味!• 時点で、ドイツ国内では若者や女性の健康志向などから「ビール離れ」が進んでいる。

17