文化 庁 助成 金 コロナ。 文化芸術活動の継続支援事業

文化芸術関係者に対象を絞った支援制度あります 文化庁のサイトでは、文化芸術関係者に対象を絞って支援情報窓口を紹介しています。

3

コールセンター 0120-620-147 10:30~17:00(土・日・祝日も対応) 文化芸術活動の継続支援事業の最新情報 ここからは、Twitterやnoteなどから文化芸術活動の継続支援事業の生情報を掲載。

15

2020年5月8日 文化関係団体向け. こうした挑戦にも、文化庁は財政面を含めて支援すべきだ。

6

公演の中止等で影響を受けた個人(フリーランス)に対する支援について 4. そんな時にチェックして頂きたい各種窓口をご紹介します。 2020年10月27日• 必要な書類は何ですか?• に基づいた感染拡大防止の取組を行う場合には、当該取組に要する費用を補助します。 さらに、上記の取組と併せて、業種ごとの新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン• 東京都の感染拡大防止協力金• 名称 経済産業省(更新日:2020. もしも心当たりのある方は、今からでも遅くないので対応する事を強くお勧めします。

19

42%の税率により源泉徴収が必要となります(所得税法161条1項12号イ、213条1項1号等)。 例 この例ですと、「オンライン等による指導謝金」ICT(情報通信技術)となります。 感染症に感染した学生に対する見舞金 非課税所得となる「心身又は資産に加えられた損害について支給を受ける相当の見舞金」(所得税法9条1項17号)に該当しますので、所得税の課税対象になりません。

18

担い手らへの支援は、政府全体の経済対策を紹介するだけだ。

なお、()内は非課税の根拠となる法律です。

12

今般の新型コロナウイルス感染症のまん延の影響を踏まえ、これにより公演を延期・中止した• 感染の可能性の程度等にかかわらず従業員等に一律に支給するもの• 経費の証明書は?• 〇 ただし、医療費控除の対象となる金額は、自己負担部分に限りますので、公費負担により行われる部分の金額については、医療費控除の対象とはなりません。 たとえば、「雇用調整助成金」を見てみると、根拠となる法律である雇用保険法にも、新型コロナ税特法にも非課税とする旨の記載はありませんし、税法上の非課税となる見舞金等にも該当しません。