将棋 九段。 将棋竜王戦 豊島二冠が初防衛 羽生九段は通算100期持ち越し

将棋ニュース(2016年07月19日)• 2017年11月2日時点のよりアーカイブ。

その4月から中原名人は挑戦者と名人戦を戦っていた。 2018年度に渡辺明が丸山に次いで史上2人目となるB級1組12戦全勝を記録している。

竜王戦の昇段規定で、従来「竜王ランキング戦(各組トーナメント)連続2回優勝」であったものが、2006年2月に条件が緩和され「連続2回昇級」に改められた。 3 7 ・ 6 ・ 6• 谷川の名人在位時に挑戦者となった米長も含めると、7人の名人経験者と名人戦の舞台で戦ったことになる。

13

第51期名人(1993年度)、連盟会長(2005年 - 2012年)• 段位の読み [ ] は様々な分野で用いられる制度であるが、口頭での読み方には違いが見られる。 なお、このシリーズで谷川は、後手番の2局で、当時本格的に流行し始めた戦法・「」を採用している。 また、棋士ではないが、名人400年を記念して日本将棋連盟がに十段を贈っている。

3

第49期では陥落するも、翌年第50期に即復帰。

19

しかし、2009年には「光速の寄せなくなっちゃったんで」と谷川本人も冗談めかして言った ように、必ずしも「光速」にこだわらない棋風へと変化しつつある。 免状の発行数は非公開だが、 は「年間1万本近く署名する」と述べている。 また、同一大会で三回優勝すると七段が授与されます。

12