レ ミゼラブル の あらすじ。 海外ドラマ「レ・ミゼラブル」NHK総合で放送 感想と作品解説

『ファンテーヌ役 リリー・コリンズ』 パリでお針子として働く貧しい娘だったが、フィーリックスと出会い恋に堕ち、コゼットを出産する。

4

遊学のためパリへ来ていたフィーリックスと恋に落ちコゼットを出産するも、フィーリックスに捨てられてしまう。

8

金づるのコゼットを取り戻そうと考えたテナルディエ夫妻は、警察に誘拐の届出を出す。 なお、ユーゴーは本作の発表より前に何作か作品を完成させているが、出版社側は本作の完成のほうを待ち望んでいた。

19

フルネームはアゼルマ・テナルディエ。

9

おそらく読んだことがある人は、子供向けに短く仕立てたものが多いのではないかと思われますが、原著はもっと長く、主要ストーリーは同じにしても、ジャンだけでなく、彼にまつわる人々と周辺や世の中の政治問題など幅広く波乱万丈の一大物語ともなっています。

18

バルジャンは病院から連れ出され、刑務所へ送り返される。 フォーシュルヴァン爺さんが、馬車の下敷きとなっているのを馬車を持ち上げることにより救助し、ジャヴェールにその正体がヴァルジャンではないかと疑われるようになる。 自分の名前に「L」を4つ付けて「ジョルルルリー」 Jolllly と呼ばせていた。

14

彼は上司のクリス、同僚のグワダと共に、街の中でも特に治安の悪い地域をパトロールをしています。 美しい青年将校で、普段は家を離れ、兵営で暮らしている。

2

ジャン・バルジャンは艱難辛苦のすえに哀れなファンティーヌの遺言を遂行します。 自分のかわりに無実の人間が犠牲になっていることに心を痛めたバルジャンは、市長である自分がジャン・バルジャンであることを明かします。 労働者たちは仲間に本作を貸し合い、回し読みしたといわれている。

13

(そこは言いっこなしで。