5 等 分 の 花嫁 最終 回。 五等分の花嫁 122最終話感想 そしてフィナーレへ|夜光管理人|note

姉妹の中では最初から風太郎に友好的な態度を取り続けて反発したことがないが、辛口な発言もする。 これ以降は風太郎とはある程度交流を持つようになった。

4

右から2番目の花嫁は三玖 右から2番目の花嫁、それは三玖でした。 「家族」というテーマが根底にあった本作においてそのすれ違いは極めて重要なポイントとして描かれており、上杉郎という一人の少年を通じて歩み寄りが為されたことは今でも強く記憶に残っています。

12

そう、読者全員を謎解きに引き込んだ『鐘キス問題』です! 四葉の笑顔により、あの時の相手が結局四葉だったことが確定しました。 風太郎は、いいのか?トレードマークだろ?と聞きますが、四葉は、いいんだよと答えます。

19

妹たちを気に掛けるやさしさと思慮深さを持ち、郎にとっても本心や秘密を共有できる存在だった一花さん。

7

「五つ子って、めんどくせー」 そして、今また新婚旅行の行き先で揉めていた。

当時の髪型は額を出したロングヘアーで、物語前半における二乃の髪型はその名残である。 大塚八愛• しかし、14巻では卒業間際の高校三年生頃のように見えます。 「なーんて」 髪を下ろした花嫁はやはり五月でした。