ジョージア カフェ ニスタ。 ラテのおいしさは、後味で決まる。「ジョージア ラテニスタ」カフェラテ・ビターラテ 3月30日(月)から全国で発売

冷やしたバターを 1の中で細かい米粒状になるまでカードなどで刻む。 このたび、まろやかなミルクのコクを味わえる「カフェラテ」、ほろ苦いコーヒーのコクを味わえる「ビターラテ」の定番2製品に加え、新たにキャラメルシロップの風味豊かなコクと甘みが楽しめる「キャラメルラテ」を発売いたします。 新製品の開発にかかる時間は、通常1年ほどのものが多いなか、『ジョージア ラテニスタ』シリーズは2年かけて作り上げたという。

ジャンルから探す• ラテ専門シリーズとしてラインナップを拡充することで、仕事中の休憩時や外出時はもちろん、自宅でも手軽に「おうちカフェ」気分を味わえるアイテムとして、気分やシーンに合わせた様々なラテの楽しみ方を提案します。 若年層のトレンドとなっている小型サイズのバッグでの携帯にも便利で、さまざまなシーンで自分らしく楽しんでいただける容器です。 これまでのペットボトル入りコーヒーでは実現できなかった、口の中にやさしく広がる、なめらかなミルクの後味をお楽しみいただけます。

16

そんな私のように 「濃いものが飲みたいけど、甘すぎるのが苦手」という方には、このビターラテはおすすめです。 SNS映えする上品でスタイリッシュなボトルは20~30代と共同開発• エメラルドマウンテンブレンド• これに伴い、女優の小松菜奈さんを起用した新TVCM「後ミルク」篇を3月31(火)から全国で放映します。

7

すると画面は一転、ラテを作る工程になり、挽きたてのコーヒー豆にエスプレッソマシン、抽出されるエスプレッソ、スチームミルク、エスプレッソに注がれるミルク、混ざっていくミルク、エスプレッソとミルクがゆらゆらと揺れているペットボトルが次々映し出され、「ラテのおいしさを」「決めるものを」「ご存知ですか?」というナレーションが挿入されます。 その開発秘話について製品担当者に聞いた。

コカ・コーラシステムは、カフェで飲むような豊かなミルクの味わいにこだわった、ラテ専門のペットボトル入りコーヒー「ジョージア ラテニスタ」シリーズより、キャラメルシロップの風味豊かなコクと甘みが楽しめる「ジョージア ラテニスタ キャラメルラテ」を、2020年9月7日(月)から全国で新発売します。

20

すると画面は一転、ラテを作る工程になり、挽きたてのコーヒー豆にエスプレッソマシン、抽出されるエスプレッソ、スチームミルク、エスプレッソに注がれるミルク、混ざっていくミルク、エスプレッソとミルクがゆらゆらと揺れているペットボトルが次々映し出され、「ラテのおいしさを」「決めるものを」「ご存知ですか?」というナレーションが挿入されます。 CMでは 小松奈々さんが起用され、「後ミルク」をキーワードとして、その後味に驚いているところが描かれています。

6

3を打ち粉をを振った台にのせて麺棒でのばして4つに折りたたみ、冷蔵庫で30分以上休ませる。

12