文科 省 通知。 課題だらけの大学入試「オンライン面接」 文科省から配慮依頼も|ベネッセ教育情報サイト

関連する結果は次の記事などを参照。 联系人:刘海波、任悦、刘佳 联系电话:85099268 85099348 附件:1. 2. 3. 4. 教务处 2020年10月28日. また,児童生徒の才能や能力に応じて,それぞれの可能性を伸ばせるよう,本人の希望を尊重した上で,場合によっては,教育支援センターや不登校特例校,ICTを活用した学習支援,フリースクール,中学校夜間学級(以下,「夜間中学」という。

2

また,義務教育段階の不登校児童生徒が自宅においてICT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出席扱いについては,別記2によるものとすること。 これを受け,文部科学省におきましては,法第7条に基づき,平成29年3月31日,教育機会の確保等に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針(以下「基本指針」という。 (3)部活動は学校教育の一環であるため、校長、教頭等の管理職は、部活動顧問に全て委ねることなく、その指導を適宜監督し、教育活動としての使命を守ることが求められる。

9

cn, 2.参会人员请于上午8:15前到达会场,签到后按座次牌就坐。 ただし、その指導は学校、部活動顧問、生徒、保護者の相互理解の下、年齢、技能の習熟度や健康状態、場所的・時間的環境等を総合的に考えて、適切に実施しなければならない。 (5)中学校等卒業後の支援 1.高等学校入学者選抜等の改善 高等学校入学者選抜について多様化が進む中,高等学校で学ぶ意欲や能力を有する不登校生徒について,これを適切に評価することが望まれること。

12

たとえば、学校や公共施設(図書館など)を活用して、自習を支援することなどが考えられる(感染症対策を行ったうえで)。 もちろん、この流れに歯止めはかけられないし、恐らく10年後には、子供が普通に学校へスマホを持っていく時代になっているはずです。 なお,シートの作成及び活用に当たっては,「児童生徒理解・支援シートの作成と活用について」(別添2)を参照すること。

14

また,アセスメントにより策定された支援計画を実施するに当たっては,学校,保護者及び関係機関等で支援計画を共有し,組織的・計画的な支援を行うことが重要であること。 「特に保護者等に多用されているいわゆる『認印』による押印の場合には、その認印が保護者等のものであることを認印自体から立証することは事実上困難であり、押印の効果は限定的」としている。 三、会议地点 曲阜校区二楼北会议室、日照校区会馆2103会议室。

また,関係行政機関等が連携したり,情報提供を行うなど,社会とのつながりを絶やさないための適切な対応が必要であること。 3.中学校等卒業後の就学・就労や「ひきこもり」への支援 中学校時に不登校であり,中学校卒業後に進学も就労もしていない者,高等学校へ進学したものの学校に通えない者,中途退学した者等に対しては,多様な進学や職業訓練等の機会等について相談できる窓口や社会的自立を支援するための受皿が必要であること。

4

具体的には、以下の4点です。 不登校児童生徒が多く在籍する学校については,教員の加配等,効果的かつ計画的な人的配置に努める必要があること。 なお,家庭訪問や電話連絡を繰り返しても児童生徒の安否が確認できない等の場合は,直ちに市町村又は児童相談所への通告を行うほか,警察等に情報提供を行うなど,適切な対処が必要であること。

10