シルバー が 教え て くれ た 命 の 大切 さ。 犬猫殺処分ワーストの現実。こどもたちで命の大切さを伝える絵本を作りたい!

目も見えなくなり、夜中もフンを漏らしてしまう状況でした。 171• 飼うことを決めたなら、最後まで家族の一員として迎え入れる。

indexOf "usesAppStartTime" b. 259• 絵本は県内の書店に並び、高松市などにも寄贈した。 だから、このような活動をしている子ども達、 本当に素晴らしいですね。 370• 747• 118• 214• 290• 245• 790• 獲得率の条件や付与上限の詳細は、「内訳を見る」から、各キャンペーンページにてご確認ください。

12

787• 学生団体ワンニャンピースマイルメンバー一同 支援者:2人 お届け予定:2018年10月 このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。 169• 大人たちに呼びかける ある日、活動を知った猫カフェから「(動物についての)スピーチをしないか?」と声をかけられた。 実家の3代目の犬は脳炎になってしまい、 目が見えない、耳が聞こえない 鼻が利かない、という障害をかかえてしまいました。

13

「みんな……助けてあげたいと思った」 その思いをかなえるまで活動は続く。 840• 愛葉さんは愛護団体「ワンニャンピースマイル」を設立されたそうです。

16

そして香川の現状、こどもたちの活動の様子も掲載。 184• 263• 次は、私と姉が拾ってきた猫でした。

その結果、現在まで4年間ほど不登校の日々が続いているようです。

225• 年をとっても大切に飼っていた。

6

愛犬シルバーは苦しんで苦しんで亡くなった、私はシルバーをさすったり抱っこするしかできなかった、まだまだ生きてほしかった、とても哀しく毎日泣いた、シルバーが教えてくれた命の大事さを絵本にしてつたえたいです、あと2日増刷のためにがんばります。

13