カルロス ゴーン 記者 会見。 ゴーン記者会見の内容全文・要約と見逃し動画配信【1月8日放送】|CHANNAI CHANNEL

「人質司法」とも呼ばれるような長期間の勾留や、保釈中にもゴーン被告の妻と自由に会えないという日本の司法制度に、非常に厳しい意見が出されました。

11

何もしていない」ということ。

18

ブルームバーグ・インテリジェンスの吉田達生シニアアナリストは、日産がゴーン時代に「背伸びしたビジネスプランを表面上遂行するために相当無理をした」ことで、「今そのつけを払っている状況」と指摘。

11

眉間にしわを寄せ、終始、厳しい表情で訴えていた。 私は日本で尊敬されているビジネスマン• 森法相はFacebookでも「無罪を証明」と書いたが、それは9日16時の時点で削除していない さて、なぜこのように検証をしているかというと、やNHKが報じていても、信用できないからです。 「私はどこかに隠れるために日本を離れたのではなく、正義を求め、真実を明らかにするために日本を離れたのだ」と彼はいった。

16

わたしはフランス国民だ」と語った。

19

本当に疲れました。 私は日本を愛している 正義を求めたから日本を離れた• スポンサーリンク 不満をぶちまけ「わたしは正義を求めている」 カルロス・ゴーン被告は同日午前の記者会見で「彼は真実を述べられなかった 正当化できなかった 」と述べた。

4

当初ここには16時現在も変更なしと書いてましたが誤りでした。 刑事司法制度の是非は、制度そのものを評価して判断すべきだ」また、被告が不適当な拘束条件の是正を求める訴訟を起こす可能性もあると付け加えた。 起訴後の勾留は、被告が容疑を否認している場合、証拠隠滅と逃亡の恐れがあるというのが大きな理由です。

14

ただ、上記ツイートでは「無罪を主張」と書かれています。

10

「私は正義から逃げたのではなく不正義から逃げたのだ」と述べたものの、 どのように日本を出国したかは支援者が明らかになるとして答えませんでした。 ただ、「無罪を証明」の直前部分でカット編集していました。 友人ジュファリ氏は全く問題ない• 記事では、起訴が日産と検察の共謀によるものだというゴーン被告の主張に「主張は不合理で事実に反する」などと反論する東京地検の斎藤隆博次席検事によるコメントを紹介した上で、 「それでも多くの法律専門家が、日本の司法制度をめぐるゴーン被告の懸念を共有している。

1