ウォーレン 有機 化学。 研究室選びに迷ってるなら(有機化学系の利点・欠点)

これから出る本をさがす• この4つの教科書は有機化学が体系的に学べるんですけど、教科書としてのレベル差があります。 専攻は物理有機化学。

3

次いで,共役と共鳴安定化エネルギーについて,さらに芳香族性をもつ化合物について解説を行った。 と思います。 強調点は赤色でカラー刷り。

1

29・13 ほかにも多数のヘテロ環化合物がある• プリントの命名法問題の解答は(ウォーレン2章)。

5

40・2 18電子則• が、そこは急がば回れと考えるべきです。

16

目次 第1章 化学の基礎 第2章 有機化学の基礎 第3章 有機化合物の構造 第4章 有機化合物の性質 第5章 有機化合物の反応 Amazonで試し読みできます。

15

4」をクリック。

17