中秋 の 名 月 と は。 暦Wiki/中秋の名月とは

おすすめ中秋の名月の楽しみ方3選 月見団子を準備しよう 中秋の名月・十五夜と聞いて、多くの人がお月見をイメージするでしょう。 もしかすると「月」は発音から「 憑き」を連想させ、 何かに取り憑かれるような印象があったのかもしれない。

9

朔から望までの日数 朔(新月)から望(満月)までの平均日数は、約14. 概要 [ ] 月見は、主にから (午前零時を介して)の夜( 八月十五夜)と、日本ではからの夜( 九月十三夜)にも行われる。 秋の真ん中、8月15日が中秋の名月となるわけです。 月見という言葉もまた月を眺めること全般、もしくは満月を鑑賞することを指す言葉ですが、十五夜=中秋の名月の満月を眺めるという意味でも使われますね。

5

月々に 月見る 月は多けれど 月見る 月はこの 月の 月 よみびと知らず• 「十五夜」とは、本来「満月」のことで、1年に12~13回廻ってくるのですが、なぜ、9月の月を「十五夜」と呼び、特別にするのでしょう? それは、昔、旧暦の8月は1年の中で最も空が澄みわたり月が明るく美しいとされており、平安時代から 「観月の宴」が開催されていました。 確かめてみると、だいたい半分は本当の満月と旧暦八月十五日の日付が異なることがわかりました。

15

76日である、という点も影響してくる。 (京都府京都市)• 中秋の名月はいつ?• 中秋節が盛んになるのは宋時代でした。 正確には満月とは一日ずれるのですが…… 3. 十五夜と中秋の名月の意味・日にち 十五夜・中秋の名月とは 十五夜は旧暦の八月十五日の事を指します。

8

しかし、今日においてよくメディアなどで報じられるのは「 1カ月に2回満月がある場合の、2回目の満月がブルームーン」というもの。 なお、旧暦ので閏8月または閏9月が挿入される場合に1年で十五夜または十三夜が二度現れることがあり、二度目についてはそれぞれ「後の十五夜」、「後の十三夜」と呼ばれていた。 十五日の夜に見える月は丸く輝く明るい月という具合です。

8

11 4月1日は「エイプリルフール」。 夜そのものに境目はありませんし、昔の日本人が夜通しお月見をしていたことからも、月が空にいる間は中秋の名月といえるでしょう。 現在の太陽暦が日本で採用されたのは明治6(1873)年。

2

またうさぎが餅をつくというものは中国から伝わってきたという説があります。 右上の写真は、中秋節には付きものの縁起物のお菓子、 月餅です。 2022年:9月10日 となっています。

13