糸 映画 評価。 中島みゆきの「糸」が台無し・・

そして、自身の曲が映像化されることについて、中島は「様々な方がこの曲を唄うのを耳にするたびに様々な色に彩られることに驚きを感じている。 provided courtesy of iTunes そりゃあ、落ち込んでいるみんなを励ますために「ファイト!」と声をかけたくなるかもしれませんが、少なくとも平成を若者として生きてきた私は「ファイト!」を歌ったことがありません。

14

小松菜奈/園田 葵(そのだ・あおい)役 作詞・作曲:中島みゆき 「糸」は、とても素朴な曲ですから、 いろいろな方々に歌っていただく度に、 さまざまな色があらわれて、いつも驚かされています。

18

一度切れた糸は繋がらないんだよ。 銀の竜の背には乗るなよ。 気になった2点は、最後に書いておきます 一つ一つのエピソードは、どこかで見たことのあるシーンも少なくないですが、軸がしっかりしているので自然と物語に入り込んでいる自分を感じます。

18

どうか、良いめぐり逢わせでありますように。

19

日本において、1970年代「わかれうた」、1980年代「悪女」、1990年「空と君のあいだに」、2000年代「地上の星」と4つの年代にわたりシングルチャート1位を獲得した唯一の女性アーティスト。 性急に感じる場面展開や、あっさりとした心情描写、淡々としたセリフや激しすぎない感情表現など、すべては最後の糸がつながるシーンに繋がり、やっと見る者の感情を開放してくれます。 泣いた。

14

2018年公開の主演、監督の日本映画とは異なります。

16