エアトリ ir。 エアトリ/連結営業利益が8億円となり通期予算に対し計画を上回る進捗

そのたびに、ある程度の期間を置いて元に戻り、むしろ揺り戻しが来るというかたちで、買い控えされていた方が、またどんどん旅行に行き始めるようになるということが、これまでも毎回起きてきました。 スライドに記載の数字のとおり、前年同期比でCVRが169パーセント、取扱高が303パーセントとなっていますが、こちらはホテル単体での販売を指しています。

冒頭、私から決算説明の概要に関してお話ししまして、その後、吉村の挨拶を踏まえ、質疑応答とさせていただきます。 また、エアトリステイは前期まで赤字だったのですが、すでに足元で黒字転換しており、今期以降は全体収益にも貢献してもらえる予定です。 こちらはほぼ想定どおりで、よかったと思っています。

17

2020年9月期第1四半期決算説明会 柴田裕亮氏(以下、柴田):株式会社エアトリ代表取締役社長の柴田裕亮でございます。 昨年の春ごろにハワイ専門の旅行会社を買収したのですが、こちらとのシナジーがどんどん生じてきています。 その背景は3点あります。

17

本日はお忙しい中お越しいただきまして、またZoomにてご参加いただきまして誠にありがとうございます。 質問者1:前年2月の取扱高が108億円ぐらいのため、今のところ100億円前後ぐらいの着地でしょうか? 柴田:そうなります。

4

ITオフショア開発事業~新サービス~ また「ジョブマグネット」という新しいサービスも開始しています。

本日お話ししたいキーワードは「リ・スタート」です。 質疑応答:コロナウィルスによる通期業績への影響について 質問者1:18ページの件について、確認も含めてお聞きします。

13