仙台 市 上空 に 謎 の 白い 球体。 仙台市上空に謎の白い球体、高度2000m付近を移動、いまだ正体分からず

66 明日目撃した人は、肉眼で見える物体の大きさを定規で測ってみてほしい 定規を目から50cm離した位置で測って、仮に物体の大きさが0. それなら気象庁から何かしらのコメントがあってもいいと思いますが。

6

加えて、ラジオゾンデと呼ばれる観測機材のついた風船を高さ3万メートル程度まで各地で同時にあげて上空の大気を観測することもある。 公式に結論づけたものでないことを強調している。 例の「白い球体」はこれを補うための観測装置であることなどが推測されるのだが、宮城県では「在日米軍とは日ごろおつきあいがなく、問い合わせ先として念頭になかった」と説明している。

4

球体は一つで、十字状の物をぶら下げているが、空中でほとんど動いておらず、担当者は「観測機器のように見える」と話している。 (ジャーナリスト:吉村剛史) 宮城県内で今年6月17日、上空を浮遊する風船のような白い球状の物体の目撃が相次いだ問題で、調査にあたっていた宮城県危機対策課が、在日米軍に確認していなかったことが筆者の取材で明らかになった。

偵察衛星を持ってない代わりだな。

仙台の上空にずっと白い物体浮かんでるからなんか未知感あってワクワクしたけど、検索したらすぐ出てきてガッカリ😅 — ゆーてイージーTV Spring91434407 たしかに形状が似ていますが、仙台では10年ほどラジオゾンデは飛ばしていないとのこと。 この問題に対し、同県の村井嘉浩知事は6月29日の記者会見で、「気味が悪かった」として危機管理上の問題だとする考えに言及する一方、「今回は危ないものではなさそうだったので、推移を見守った」とも。

9

人類がこの地球に生きる権利を守るためにだ。

担当者は「気象台が揚げたものではなく、不明だ。

12

警察などによりますと、この物体は、17日午前5時ごろから福島市や仙台市などで目撃され、午前11時ごろ、福島県庁の近くでも、肉眼で北東の方角に確認することができました。 78 仙台上空なのか 福島から見えるよ。