プレタール od 錠 50mg。 プレタールOD錠50mg 500錠 (大塚製薬)

うっ血性心不全• 慢性動脈閉塞症に伴う痛み、冷えなどの改善や脳梗塞の再発予防に用います。

1. 本剤は無包装状態で高湿度により影響を受けることが認められたため、無包装又は分包の場合には特に注意すること。 ただ、最近おこなわれた日本人によるアスピリンとの比較試験では、この薬(シロスタゾール)の有用性がやや勝ると報告されています。

10

狭心症、心筋梗塞..胸の痛み・違和感・圧迫感、冷汗、締め付けられるような胸の痛み。

まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。

12

お申込番号: 1015589 入荷後最短で出荷 目安は約1週間 薬価割引率:10. 1%未満) 、心筋梗塞、狭心症、心室頻拍(いずれも頻度不明)[1. 【臨床試験】 約1000人の脳梗塞患者を対象に、長期服用時の再発予防効果が調べられています(CSPS)。 日本というコンセプトで考えるならば、縄文時代や弥生時代(卑弥呼とかヤマタノオロチとか)も日本風だと思うのですが、医薬広告ではあまり使われませんね・・・。

閉塞性血栓血管炎(thromboangiitis obliterans:TAO 別名バージャー病(ドイツ語ではビュルガー病)とも呼ばれ、残りの2割がこちらになります。 2. 併用注意: 1). 抗凝固剤(ワルファリン等)、血小板凝集を抑制する薬剤(アスピリン、チクロピジン塩酸塩、クロピドグレル硫酸塩等)、血栓溶解剤(ウロキナーゼ、アルテプラーゼ等)、プロスタグランジンE1製剤及びその誘導体(アルプロスタジル、リマプロスト アルファデクス等)〔8. 悪性高血圧• 主な副作用 頭痛、頭重感、発疹、皮疹、そう痒感、動悸、頻脈、ほてり、心房細動、上室性頻拍、上室性期外収縮 起こる可能性のある重大な副作用 出血、消化管出血、十二指腸潰瘍、胃潰瘍、心筋梗塞、狭心症、心室頻拍、脳出血、頭蓋内出血、肺出血、鼻出血、悪心、嘔吐、意識障害、片麻痺、血小板減少、汎血球減少、無顆粒球症、間質性肺炎、発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、好酸球増多、黄疸、急性腎障害、うっ血性心不全、眼底出血、肝機能障害、AST上昇、ALT上昇、Al-P上昇、LDH上昇 上記以外の副作用 心室性期外収縮、不整脈、眠気、めまい、不眠、しびれ感、腹痛、食欲不振、下痢、胸やけ、腹部膨満感、味覚異常、出血傾向、皮下出血、尿酸値上昇、頻尿、浮腫、胸痛、耳鳴、倦怠感、過敏症、光線過敏症、紅斑、血圧低下、失神、一過性意識消失、口渇、貧血、白血球減少、BUN上昇、クレアチニン上昇、排尿障害、結膜炎、筋痛、蕁麻疹、血圧上昇、振戦、肩こり、血尿、発汗、疼痛、脱力感、血糖上昇、脱毛 プレタールOD錠50mgの用法・用量• 脳の血液の流れを改善し、の再発を予防するお薬です。 シダトレンスギ花粉舌下液の処方せん応需時の調剤手順。

17