一級 建築 士 給料。 一級建築士の年収・給料の目安

あなたのキャリア、スキルを適切に反映した「 適正年収」がわかれば、平均年収を知る必要は無いでしょう。 お客様からしたら1級建築士は建築のエキスパートである証明なので、信頼度はグッと上がります。 変動もしますし、計算方法で値が変わることもあります。

18

また、ゼネコンの管理職になると、700万円~1,000万円程度の年収が見込まれそうです。 理由は、 大卒や大学院卒は大手のゼネコンやハウスメーカーに就職できるため給料が高くなります。 平均年齢 平均勤続年数 労働時間 超過勤務時間 男女計 50. 積水ハウスではインテリアコーディネーターや宅建など建築士以外にも資格を持つ一級建築士が大勢います。

17

同じく手取り年収は約629万円• ボーナス無で、月給20万でも360万ですよ。

4

毎月の給料は低くなりますが、ボーナスがきちっと数か月分入るので年収に換算すれば普通くらい。 断然、ハウスメーカーの方が企業体として大きい。

10

その後、独立されていますが、年収なりに大変そうです。

9

一級建築士の平均年収は643万円でしたが、年代別で詳しく見ることで一級建築士の年収は平均年収よりも200万円~400満円多いことが分かります。 管理建築士、構造設計1級建築士、設備設計1級建築士の受験資格• メリットは• 一級建築士になるには、学歴に応じた実務経験を積んだうえで試験に受かることが必要ですので、長い時間がかかりますし、また誰もが一級建築士までたどり着けるわけではありません。

6

アメリカでは転職回数の多さが逆に評価されこともあります。 初めに基本的なプロフィールです。

3

特に建築業界は景気に影響を受けやすいので、いったん不景気になればこれまであった仕事もばたりとなくなる可能性もあります。

11