喫煙 所 法律。 未成年者喫煙禁止法

(明治30年(1897年)6月3日勅令第169号): 実効性喪失• (昭和24年(1949年)5月28日法律第111号)• A ベストアンサー こんにちは。

15

最後までお読みいただきありがとうございました。 )の屋内又は内部の場所に喫煙をすることができる場所(以下この項において「喫煙場所」という。

15

(昭和60年(1985年)3月5日政令第21号)• 喫煙室を設置する場合は、を満たすこと。 (明治37年(1904年)4月22日勅令第127号): 実効性喪失• そして、 会社は、その事務所(職場)において、その施設の利用者である従業員が受動喫煙をしないよう、その対策を講じる義務があります。 つまり利用者は、喫煙専用室の場合はトイレに行く感覚で一度席を離れる必要があるが、加熱式タバコ専用喫煙室であれば飲食しながら喫煙できる。

13

こちらも紙巻タバコと加熱式タバコの両方、そして飲食の提供が許されている。 職場を全面禁煙にして、喫煙所も設けないという強行手段もあるでしょうが、それをするとトイレやキッチンで隠れて喫煙する人が出てきますから(これをされて困るのは非喫煙者)、お勧めできません。

10

(昭和58年(1983年)1月28日政令第7号): (昭和60年(1985年)3月5日政令第24号)により廃止• 海上運送法 昭和24年(1949年)8月25日施行 第23条の2 何人も、みだりに人の運送をする船舶運航事業に使用する船舶の操舵設備その他の運航のための設備又はこれらの船舶に係る旅客条件用可動施設の作動装置を捜査し、その他これらの船舶の旅客の安全を害するおそれのある行為で国土交通省令で定めるものをしてはならない。

12

どちらにおいても 非喫煙者が受動喫煙をしないように場所や設備を慎重に選定する必要があります。 「働く人(従業員)や子供」を受動喫煙から守る事を重要視しているので、事業規模にかかわらず対策が必要となります。 (平成16年(2004年)9月27日経済産業省令第96号)• 条文 [ ] この法律は、20歳未満の者の喫煙を禁止し(1条)、親権者やその他の監督者、煙草を販売した者に罰則を科すことを定めている。

3

(明治31年(1898年)12月23日勅令第355号): 実効性喪失• (明治37年(1904年)4月1日法律第14号): (昭和24年(1949年)5月28日法律第111号)により全改• の民法改正施行(成年年齢の満18歳への引き下げ)以降は、「 二十歳未満ノ者ノ喫煙ノ禁止ニ関スル法律」に改名され、対象も第3条を除き全て「満二十年ニ至ラサル者」から「 二十歳未満ノ者」に改正される。 シガーバーなど一部の喫煙を目的とする施設は例外を認められている ここまで説明してきた改正健康増進法は日本全国が対象となるが、東京都は時を同じくして「受動喫煙防止条例」も施行される。 「施設を利用する者が通常立ち入らない場所」とは、例えば建物の裏や屋上など、喫煙のために立ち入る場合以外には通常、当該施設の利用者(労働者を含む。

8

朝日新聞 2015年9月15日• )又は坑口において、発火具、喫煙具、たばこ、懐炉等の有無を入坑の度ごとに検査しなければならない。 受動喫煙防止対策助成金では 100万円を上限として、工事費等の1/2を助成します。 (昭和47年(1972年)9月30日労働省令第37号)• たばこの煙が屋外又は外部の場所に換気すること。

6