上棟 式 準備。 上棟式とは?費用、流れ、祝儀の相場、お酒、のし、弁当、挨拶など準備するものは?

施主あいさつ• ただ、地鎮祭は神主さんに儀式を執り行ってもらうのに対し、上棟式では神主さんではなく、現場監督や棟梁が執り行う事が多いので、 ハウスメーカーやお願いする工務店、大工さんによっては、「上棟式は必ずしないとダメだ」という場合もあるので、気になる方は契約前に確認しておいた方がいいでしょう。 を参考にして下さい。

どの程度の金額や内容の弁当を用意するのかも迷うところですが、折詰の弁当とすることが多いです。 ここで言う手土産は、弁当やビール、紅白まんじゅうや餅等のことです。 そして、まだこれから工事が続きますが無理なさらずに安全に怪我のないようにお願いします。

14

応援の大工さんに対しては、この日のために特別に来てくれたことに敬意を表すため、祝儀とは別にお車代を支払う方もいらっしゃいます。

14

祝儀の金額については、一般的に棟梁が一番多く、後は上棟に応援に来ている大工、現場監督の順に祝儀の金額が変わります。 待っているのは、グレードダウンや要望の取り止めによる「建築費用の削減」 もしくは、「予算の追加」です。 また、昼食を用意する代わりに手土産として最後に弁当を手渡しするケースもあります。

7

正式には 「散餅散銭(さんぺいさんせん)の儀」と呼ばれる儀式なんですよ。 10時と3時の差し入れ・・・約9,000円• せめて最後だけはしっかりと労いの言葉と、お土産を顔を見て手渡したいものです。 既に枠組みが出来始めている2階に、夫がのぼって「大黒餅」を投げます。

8

上棟式はその土地や地域の習慣などにより執り行い方なども様々で用意するものなどもその地域により決まった定番があったりなど、必ずしもこれでなければならないといった決まりはありません。

3