ジーク フリード キルヒアイス。 ジークフリード・キルヒアイス (じーくふりーどきるひあいす)とは【ピクシブ百科事典】

主要人物であるが物語序盤で命を落としてしまうため、彼の死に対しては「早すぎた」との論議が再三起こり、原作者・氏も「早く死なせすぎた」と後悔の言葉を述べている。 だが、なればこそ俺は戦う。

19

「ヴェラントの悲劇」後には、知りながらもを止めず弱者を見殺しにしたに対して正面からその行動を諌めた清廉潔さが、逆にの唱えたー2不要論に火をつけてしまったとも言えるのは皮である。

17

帝国 51• 落ち着いた雰囲気とやかさを併せ持つと演技に、最初からキルヒアイスを演じるべき人物だったと思われがちだが、が決まった当初、キルヒアイスのをにするかはの難問とされ、結局によりに決まったと言う経緯がある。 00隻の艦艇とミッシュ要塞を擁するとのでは、敵の形の不備をついて戦線を崩壊させ、ミッシュへとる際に味方の補給部隊を攻撃した事から人望を失ったリッテンムの自滅により要塞を占拠、と連合の間に決定的な戦差を生み出した。 でも、、はあなたほどおとなではありません。

9

アンネローゼの友人ヴェストパーレ男爵夫人からも・・・。 虚報であれば、それでよい。

没後 歳ので弾により倒れたジークフリード・キルヒアイスは、死後、に昇進すると共に、生前にさかのぼって• 』 広:『これだけ大きなプロジェクトになっているということは、 僕らもワクワクするし。 艦隊長官• 人格だけでなく戦闘能力、軍事的指揮力にも大変優れている。 OVA版第1話では、アスターテ会戦直前の帝国歴487年1月にキルヒアイスとラインハルトの会話で「今日は姉君(アンネローゼ)の誕生日」という台詞がある• ヤンが英雄になったのと引き換えに、 リンチ少将は、完璧な悪役となりました。

人格 ラインハルト曰く「ゴミ溜めの中にも美点を見出す」タイプの人物で、温厚で公明正大な人格者であり、皮肉交じりにラインハルトから「優秀な教師になっただろう」と言われている。 その後に発生した連合との戦いでは、との艦隊を率いて辺での回におよぶに全てしてその定に尽。

1