石津 健介。 【楽天市場】●ケン・コレクション:kameidoエビスヤ楽天市場店

1983年 - 「BRAND NEW」キャンペーン実施。 1988年 - 「Everlasting Traditional Collection」キャンペーン実施。

1

昭和 26 年( 1951 年)に佐々木営業部を退社して石津商店を設立しますが、 これが後のヴァンジャケット( VAN )に成長していきます。 みゆき族の間では、ヴァンヂャケット社の「VAN」の紙袋を持つことさえおしゃれであるとされ、「VAN」はその後、日本のファッションシーンの最先端を走り続けた。 このため、商社体制時代を迎えて自由度を失っていくと、石津謙介は急速にヴァンヂャケットから心が離れていくのであった。

4

祥介(左)と石津謙介 昭和 30 年代後半から VAN のブームがはじまりますが、祥介さんの貢献も 大きかったようです。 「人生を米の生産にたとえてみると、大変よくわかる。 6年制大学への進学を断たれた石津謙介は、勉強する必要が無くなったため、勉強を止めて遊びやお洒落に力を入れ、不良となった。

みゆき族の親玉 これまで「VAN」は中高年向けのブランドだったが、昭和31年(1956年)から若者向けファッションの展開を開始し、昭和32年(1957年)からアイビールックとしての「VAN」が始まる。 通訳時代に学んだアメリカのファッションからヒントを得たものだといわれます。

12

ラルフ・ローレンやJクルーなどの店頭に飾られ、ネオ・アイビー・スタイルとして雑誌などでも話題になった。 最後に、石津謙介が「謝辞だけは奥さんがやりなさい」と言って謝辞を促すと、熊井戸立雄の妻は「ありがとうございます。

6

その一方で、石津謙介は滑空士養成教官の免許を持っていたので、中国の天津でも中学生に飛行機の操縦を指導しており、「戦時召集延期者」として兵役を免れていた。

14

フリーとなった後も日本メンズファッション協会の最高顧問を務めファッション業界に大きな影響を与えました。 要するに老舗商店のボンボンであり、学生時代はスポーツや遊びを 謳歌していました。

4

そうした一方で、石津謙介は小学5年生の時に初めて電車に乗り、乗り物への興味が目覚めていく。 その後は経済統制のために紙問屋の経営が難しくなり、中国の天津に移住し ファッション関係の仕事に就きますが、戦局の悪化とともに帰国し、 尾上清が経営していた佐々木営業部(レナウンの前身)に入社します。 冬はスキーに没頭した。

5