Aera ダレノガレ。 ダレノガレ明美、「消すなら書くなよ!」AERA dot.の“薬物疑惑”報道を全力否定|日刊サイゾー

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 自ら所属事務所に薬物検査を要望したり、まず自身から検査を受けたりなどして潔白を訴えていた。 と株式会社朝日新聞出版社のHPにおわびを掲載することと、直接謝罪に伺います。

13

Avail• 家賃を払ってくれる社長がいる• ダレノガレ側は経緯の説明と訂正謝罪記事の掲載を求める• 』に配信された記事も、配信当日に削除されています。

しかし、同7日にはダレノガレの所属事務所・LIBERAが公式サイト上でコメントを発表。 否定しても一生疑われて、イメージもなかなか取り除けません」という見解を示した上で、「私のような人がこれ以上増えないように。 「彼女が法的措置を持ち出したのは、4月末に『AERA』(朝日新聞出版)のWEBサイト報じた『マトリが次に狙うセレブタレント』の記事を目にしたからでしょう。

20

そんな中、問題の記事を書いた記者から謝罪文が送られてきたことが報じられ世間の注目を集めています。 でも、この記事でついた私の負のイメージは簡単には消せないので悲しいです」とつづった。

第47作(2020年5月24日、テレビ朝日)太賀レナ 役 映画 [ ]• :2012年秋冬 、2013年春夏• と株式会社朝日新聞出版社のHPにおわびを掲載することと、直接謝罪に伺います。 さんがHPのトップに薬物疑惑の記事に関してのお詫びを記載してくださいました。 それを記事にしたと思われる記者さんからはまだ返事ないです。

8

検査費も手術も安くはないです。 こちらは沢山話し和解したのでこの方を攻撃するのはやめてください! 一応内容載せます。

8

このネット記事マトリが次に狙うセレブタレントについて 関係者に対する十分な取材や事実確認が出来ていませんでしたとして 記事を取り消してダレノガレ明美さんに対する謝罪文章を掲載したようです。