麻布 大学 ポータル。 麻布大学附属学術情報センター:情報システム利用案内

詳しいアクセス方法についてはを参照してください。 1 基本事項 1)一般的な注意 快適なインターネット環境は、相互に接続されたネットワークをそれぞれの利用者が適切に利用することによって初めて実現されます。

11

受信・発信メールボックスに留置しているメールについて、保存が必要な場合は各自の記憶媒体に保存し、保存が完了したメールは削除してメールボックス内には留置しないようにしましょう。 保存したPDFを、大学のGmailを使用し、Web履修結果受付メール「 rishu azabu-u. 両学部ともに、本学の建学の精神をよく理解し、教育の目的、教育理念に賛同し、明確な目的意識を持ち、主体性をもって多様な人々と協働した学びや自己の成長への強い意欲に溢れ、能動的に貢献する姿勢を持ち、また大学教育を受けるに十分な基礎学力を有する学生を求めている。 8)受信した電子メールを公開しない 電子メールの内容を他の場所に転載したりすると著作権の侵害にあたる場合もあります。

19

CampusPlan 科目の履修登録や成績の確認を行うことができます。 獣医師として、社会に巣立つための獣医師ライセンスの取得を目的とした獣医師国家試験対策のために、専門教育5系に属する獣医学系全教員の連携による総合的なカリキュラムを設定する。

12

【授業評価】 授業改善を目的とした、授業評価のアンケートに回答することができます。 獣医臨床センターや産業動物臨床教育センター、生物化学総合研究所など最先端の設備が整う施設で充実した実践教育を受けることができます。 「自由に使える掲示板」はコミュニケーションの場として、学生・教職員誰もが自由に投稿することができます。

17

毎日のように新種のウィルスが発見され、報告されていますから、ワクチンプログラムにはこまめにインターネットから最新のデータをダウンロードし、新種のウィルスにも対応できるようにしておきましょう。 またミクロからマクロレベルの詳細な病態は、獣医病理学で深く理解できるようにする。 高等年次では、生産獣医学系、臨床獣医学系、環境獣医学系の教員が中心となり、小動物臨床獣医師、産業動物臨床獣医師、家畜衛生獣医師あるいは公衆衛生獣医師などの獣医師としての専門性を身に付け、実践力を体得するためのカリキュラムを設定し教育している。

またミクロからマクロレベルの詳細な病態は、獣医病理学で深く理解できるようにする。 たくさんのネットワークを経由して届けられることから、配達の途中で紛失したり覗かれたりする危険が伴うことを認識しましょう。 (最大容量 2GB) ・コンピュータ教室以外の研究室や自宅などの学外からも利用することができます。

5

授業では、基礎獣医学系、病態獣医学系科目で修めた技術や知識を十分応用し、疾病を分子から個体レベルまで理解できるようにする。 段落ごとに一行空けたり、きりのよいところで改行したりするなどして、読みやすくする工夫をした方がよいでしょう。 【出欠】 担当教員の指示に従い、出席の登録ができます。

・発信者の連絡先は明記されているか ・引用の出所や情報の確認先が明示されているか ・ホームページの更新日は表示されているか ・長い間運営されてきたホームページかどうか ・他のメディアで情報の裏づけができるか 2)有料か無料かの確認 ホームページ上の情報が無料なのか有料なのか、よく確かめてから利用するように心がけましょう。

20

1)パスワードを管理すること インターネット等に接続するために、打ち込んだりコンピュータに設定しておいたりするユーザIDとパスワードは、あなたが正当な利用者であることを証明する情報です。 インターネットは、ホームページに象徴されるように、世界中に存在する不特定多数に向かって情報が発信されるところに大きな特色があります。

16