軽量 鉄骨 下地。 【一級建築士】いまさら聞けない!軽量鉄骨下地の種類【施工】

例えば、コンクリートスラブ、デッキプレート、重量鉄骨、軽量鉄骨天井下地などがありますが、基本的にランナーの取り付けは「 ビス留め・ピン留・溶接 」3つのうちのどれかで固定します。 重量鉄骨に取り付ける場合 ビス留めができる鉄骨の場合は トラスビスやナベビスなど頭のデカいビスで900程度の間隔で固定します。

9

インサート、アンカーが あらかじめ仕込まれている場合はそれに応じてボルトを吊っていき 後に足りない部分にアンカーを埋め込んでもらいます。 広範囲の使用用途 金属系サイディング、金属パネル、スパンドレル、窯業系サイディングに有効です。 この時、チャンネルからのランナーの持ち出しが150mm以上にならない様に注意します。

天井材は強度が小さいですが、下地材を設けることで広い範囲に天井材を取り付けることが可能です。 どこから測れば良いのか 床の仕上がり面からと言っても、初めはどこに合わせて寸法を測れば良いのか分かりませんよね。

15

面内変形性能を有し、建物の変形に追従し、下地材および仕上げ材の破壊防止に有効です。 f 野縁は、野縁受から150mm以上はね出してはなりません。

16

以上です。

14

石膏ボードなどにはよく使われています。 5mmが天井下地のレベルと仮定して記述していきます。 ) 他にもキッチン周りなどの耐火性能が必要な場所で有利だったり、壁内に電気配線や設備配管を通しやすいなどの利点もあります。

3