Line 全国 調査。 LINE 国内8300万人の利用者に健康状態調査 厚労省と協定

特にそうした職業の人では、人との距離を保つことができるような環境づくりなど、感染リスクを少なくする働き方や過ごし方をより徹底することが必要だ」と話しています。 また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。 第1回目 3月31日 火 〜4月1日 水 の日程で実施されていますが、 テレビニュースや新聞で事前発表があったわけでもなく、多くの人にとっては「いきなり厚生労働省からLINEが来た!」という印象で、 「答えて大丈夫なの?」「偽物?詐欺じゃない?」という意見が多数上がっています。

14

LINE NEWS• お好きなところへジャンプ!• これにより不確定要素が多い中でも確実にシステムを構築できました。 結果はどうなったの?• 不安や悩みを医師に直接相談したり、コロナウイルスの最新情報を知ることができたり、LINEでできることを以下のページでご案内しています。 第5回 調査結果 速報 全設問の詳細については、以下のページで公表しております。

3

LINEは同日、主にメディア向けに冒頭の全国調査を全ユーザーに配信する旨を告知し、31日の実施に至った。

12

これを踏まえて必要なサーバー台数を検討しました。 本アンケートはLINE株式会社において実施するものですが、上記協定に基づく情報提供に資するものですので、可能な限りご回答をいただきますようお願いいたします。

10

初期のクラスター対策は功を奏していましたし、厚労省の友人たちも夜も寝ずにコロナと闘っていました。

5

メンバー• 全国の利用者を対象に調査を行うのは2011年のLINEのサービス開始以来初めて 「クラスターの発見だけでなく、人々の感染予防の意識が地域や世代によってどのように異なっているかなどを可視化することができるのではないか。 感染拡大防止のため、ご協力をお願いいたします。

5度以上の発熱が4日間以上;グループの定義は本文参照 図1:職業・職種グループ別の発熱者の割合(%)の47都道府県散布図 発熱者=37. タレントや大手企業アカウントが並ぶ国内フォロワー数トップ5の平均は約599万人(2020年5月15日時点、)。 全世代でLINEの利用率は他のSNSよりも高く、10代では9割超え。 LINEマンガ• さらにこれは1回目の調査の時点では存在しておらず、あとから実装したものなのですが、PrometheusからAPIで回答数を取得し、LINE Notifyで通知する仕組みも構築しました。

2

送信数:83,799,804人• 送信数:82,928,693人• 送信数:84,398,079人• 記事の内容カテゴリから探す• 今日の日本の状況下においては、「家にいること」、「不要不急の外出を避けること」が、新型コロナウイルスの感染リスクを低減し、他者に感染を広げない最善の行動様式である• LINEが実施した第一回「新型コロナ対策のための全国調査」は、 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県に在住登録を行っているLINEリサーチのモニターに対し、調査が実施されました。 表2:東京都における最も発熱者数 *の多い20郵便番号区の発熱者の割合(%) グループ(1) グループ(2) グループ(3) グループ(4) グループ(5) グループ(6) 全体 0. また、各省庁のアカウントでは新型コロナウイルスの発生状況などの最新情報も配信しています。

3

第2回 4月5日 日 ~4月6日 月• 企業リリース情報を見る• 今回、その分析結果より、以下のようなことがわかりましたので、お知らせします。