マーケティング プロセス。 マーケティング戦略の立て方と実践例をご紹介|マーケティング入門|マーケティングオートメーション(MA)ならMarketo Engage

どのメディアを使って商品を知らしめるのか• 4Pは、Product(製品)、Price(価格)、Place(物流)、Promotion(プロモーション)の頭文字からきています。

14

環境分析に効果的なフレームワークは以下のとおりです。

15

実際にそれらを統合し下支えをしてくれているMAツールがMarketo Engageです」(日高氏). ポジショニングが競合他社と差別化できていることで、市場に特別なプロダクトと認識してもらえ、ビジネスチャンスにつながります。 マーケティング戦略の修正> 最後に、導入したグローバル・マーケティングが正しく機能しているかを定期的にチェックし、必要に応じて修正を加えていきます。 上述したなかでは、STEP1の環境分析で使用されます。

13

0」と更新を繰り返し、20世紀以降の マーケティングのトレンドを定義し続けてきました。 これを「STP戦略」と呼びます。

実行と評価 ここまでに説明したマーケティングミックスによって決定したマーケティング戦略を実施します。

10

SWOT分析 SWOT分析は「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」「Opportunity(機会)」「Threat(脅威)」からなるフレームワークです。 マーケティングによる分析をもとに説得力を持った交渉ができるため、説得したり、賛同を得たりしやすくなるでしょう。

10

マーケティングについて勉強されている方の中には、コトラーという名前を目にしたことのある方も多いでしょう。 まとめ これら5つのプロセスを1回転させることで、ある1つの手法についての評価が完了します。

4Pの内訳は 「製品(Product)」、「価格(Price)」、「流通(Place)」、「プロモーション(Promotion)」です。

20