平均 律 クラヴィーア 曲 集。 クラヴィーアとは?バロック時代の鍵盤楽器&平均律クラヴィーア曲集について

つまり、 あらゆる調で弾くことが可能な調律方法をとった鍵盤楽器のための曲集ということです。 。

和音記号で表すと I. しかしながら、実は長3度が純正ではない調律はヴェルクマイスター、ヴァロッティなど、他にいくつも当てはまります。

3

音楽を学ぶ意欲のある若者たちの役に立つように、また、この勉強にすでに熟達した人たちには、格別の時のすさびになるように。

とくに6度跳躍と くさび型アクセントには、凝縮されたメッセージがほしい• これは直訳すると「良く調整されたクラヴィーア(鍵盤楽器)」という意味であり、「平均律」とは一言も言っていません。

13

すなわち、4小節目の主和音は、3小節目の減7の解決ですから、弱く弾きます。 鍵盤楽器で調律を変更せずに、あらゆる調で演奏可能な調律法は、平均律の他にもなど、当時は様々な方法が提唱されていた。

2

BWV 846 前奏曲 - 4声のフーガ 前奏曲はがの伴奏として用いた。 最後は見事なまでにドラマチックです。 BWV 847 前奏曲 - 3声のフーガ• バッハはどんな人? バッハの家系には200年に渡って50人もの音楽家がいました。

ところで、最初に「平均律クラヴィーア曲集」からバッハの音楽に入ったという人は、どのくらいいるだろう。 クロール原典版。

19

バッハはこの考えの正しさを示すため、全ての調性で見本の曲を作りました。