ご 理解 ご 了承 の ほど。 「ご了承のほどよろしくお願い致します」意味と使い方・メール例文

」などがおすすめです。 しかし、上司や目上の人に対しては相応しくない言葉と言われています。

9

いかがだったでしょうか。

8

いかがだったでしょうか。

7

目上の人には使用しない方が良い。

2

いずれも、英語で表現するならば「OK」のひと言で済みそうな気もしますが、日本語ではそれぞれ使い分ける必要があります。 相手にこちらの申し出を理解してもらったうえで、さらに協力を仰ぐといった意味合いのものとなっています。 よく間違えやすい敬語としては以下の4つがあります。

12

「了承」は「納得したうえで理解してもらうこと」と、「承知」は「知ってもらうこと」のニュアンスの差があります。 「何卒ご理解」と同じような意味の言葉は豊富にある 「何卒ご理解いただけますようお願いします」と同じような意味の言葉として、「たいへん勝手を申し上げますがご承諾いただけませんでしょうか」という表現もあります。

理解したもらった上で何かの行動を促すときは「 ご理解の上〜」を使います。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 「了解」の表現の使い方は、 「物事の内容・他者の事情について、分かった上で承認 同意 する場合」に使うという使い方になります。

2

このように言葉を使う場所と意味をしっかり把握して、仕事や日々の生活、あらゆる際に使用してみましょう。

11

「 かしこまりました」としてもよい(個人的にはこちらが無難かと)。 やはり、相手の依頼を断るとなると、単なる「よろしくお願いいたします」という一般にもよく使う表現では、相手の立場を重く見ているとは感じることができません。 場面ごとの使い方を間違えると「何卒ご理解」という言葉が不自然になってしまうこともあるでしょう。

13