日本 企業 の 勝算。 「日本企業の勝算〜人口減少時代の最強経営〜」|Kaz@ビジネス書考察|note

1992年ゴールドマン・サックス入社。

その道を進めば、日本企業はふたたび世界に誇れるくらい強くなれます。 3人の現状認識を聞きました。 ジャンルでさがす• (1)は低下傾向にあり、(2)は徐々に高水準に近付いている現状となります。

11

2

著者が、中小企業の多さを常に問題視するのは、中小企業の生産性が低いからにほかありません。 先進国の統計で(例としてアメリカ、ドイツ)、 労働者が大企業と中堅企業に集中的に分配されている国のほうが、産業構造が強固で生産性が高いデータを示す。 戦略の基本的な方向性として五つの柱を設定。

もちろん短期的な利益を目指すのは、企業にとって当然のことです。 今後、アルゴリズムの汎用化、パッケージ化が進むにつれ、 戦略からデータを、データから戦略を相互に作っていく必要が出てきます。

2

人口減少時代に転じた現在、根本的な変革が強く求められていることは誰の目にも明らかでしょう。 技術的なアプローチはいろいろあり、各方式とも群雄割拠の様相。

8

ルールが変われば、そのルールの中で最適解を求めていくことが合理的な流れです。

雇われる側がルールを把握していないことが問題です。 海外と同基準で日本の大企業労働者比率を計算すると約20%で、アメリカの半分以下である一方、従業員20人未満の企業で働く人の割合は20. それは、人口減少によるマイナスの影響が、中小企業を集中攻撃するからです。 本書では、現行のような人口増加を念頭に置いた経済対策だと、これから日本はどんどん落ちぶれていってしまうと警鐘を鳴らしています。