梶賀 の あぶり 販売。 三重県尾鷲市のお土産にいかが?漁村の珍味 梶賀のあぶり 小鯖の炙り

尾鷲の小さな漁師町に100年続く伝統の燻製食。 竹を削ってつくった串に、一匹一匹、丁寧にワタをとった小サバなどを刺していきます。

6

塩のみの味付けで、手作業で1串1串あぶっているため、煙の香りが骨にまで浸みこみ、骨もやわらかくなっているため丸ごとお召し上がりいただけます。 「あぶり」の作り方はこうである。

20

2016年(平成28年)秋に、男性協力隊員が築80年の空き家を発見し、これを改装して「網元ノ家」を開業した。 今晩のおかずのメインに、ドーンとブリの切り身はいかがですか? 【賞味期限】常温3か月です 800円 在庫数 : 85 袋 注文数:• 直営店 梶賀 網元ノ家 尾鷲市• 浅田くんはグラフィックデザイナー。

1

また2年()にはの歴代の墓所を築造するために梶賀浦のをで輸送したという。 100年以上前に、港で揚がった売り物にならない魚を燻製して保存食にして食べていたのが始まりと言われています。

19

最初はそれでも大丈夫ということでしたが、 洗濯物に煙がかかる、匂いがつくなどの意見があがり、 ついにはこの計画を中断せざるをえなくなってしまいました。 単純ですが、梶賀のあぶりが日本酒のつまみに最高な理由って、たぶん ご飯とも合うからなんですよ。

20

江戸時代初頭には梶賀村を名乗っていたが、年間( - )頃に梶賀浦と改称した。 5m) 南は熊野市 ・甫母町、西は尾鷲市曽根町と接する。 熱々のご飯にカツオをのせ、更にマヨネーズをブシュっと男らしく。

ブリのジューシーな味わいが楽しめる一品です。 ご注文者様とは異なる方にお贈りする場合は、備考欄にお贈り先様のご住所・お名前・電話番号をご記載ください。 "特産「あぶり」 真空パックに 尾鷲の地場特産品販売所"朝日新聞2010年6月26日付朝刊、三重版32ページ• もちろん、「梶賀のあぶり」は入っています!大袋(串・開き・切身)のうちから2点と、小袋から1点の3点入り。

13