この す ば メリッサ。 ポルノグラフィティ メリッサ 歌詞

三度目の対面は、第6巻でカズマがコボルトの群れに叩き殺されたときである。

15

温泉の管理人 声 - 大教会で街の温泉を管理している老人。

2

名前は不明。 詳細は「主要人物」の「」を参照 バニル 声 - 魔王軍の幹部の一人。 また、盗賊団として活動している際にダクネスに捕まったときには「どうしてカズマとの関係を自分に教えてくれなかったのか、女の友情はどこへ行ったのか」等と逆にダクネスを詰問している。

9

また金属を嫌うため、金属製の装備を着けていれば食べられない。 一時期カズマの身の回りの世話をした。

7

貴族アンダイン邸の宝物庫に保管されていたところを、盗みに入ったカズマとクリスが鎖を解いたため、彼らの意向を無視して自力で脱走、その後女神エリス感謝祭のに誘き出されて捕獲・回収された。 ブラッド かつてのの冒険者仲間で、ソードマスターの男性。

4

新規イラストでは、メリッサがお色気作戦でミツルギに近づいている様子が描かれています。

12

戦闘においては不器用故に剣を扱うのが壊滅的に下手なのに得物は攻撃力に特化した両手剣でスキルを取得すれば剣の命中率が上がるのに頑なまでにそれを拒む。 本人は当初嫌そうなリアクションをしていたが、今は馴染んでいるようで、この名を呼ぶと反応する。 この死体はアンデッド扱いを受けず、アクアのセイクリッドターンアンデッドでも葬り去ることは不可能である。

10