空 を 見 て よかった。 『空を見てよかった』(新潮社)

2020年05月29日 23:16• 表向きやわらかく見えるけれど、本書の言葉は非常に硬質である。 かんたん に いえ ば " み まちがい " の こと です。 存在、空間、時間、大地、空、呼びかけ、無、創造、根源。

闇カリオストロもそう。 作品集に、『内藤礼|1985-2015祝福』(millegraph)がある。 ブルーインパルスは、山形にいた時に見ました。

6

茫洋としたひろがりのなかから、なにかが見えてくる。 おおー!みれたんだ!しかもすごいはっきりと!いいねー!医療従事者だけじゃなく、 みんながうれしくなりますね!みんなそれぞれコロナに備えて自粛をしてきたけれど、 こうした我慢や頑張りをみんなが自分たちのできることでねぎらいあうというか、我慢や 頑張ることから、支え合う称え合うような流れにだんだん変わっていくといいなって 思いましたね。

1991年佐賀町エキジビット・スペースで「地上にひとつの場所を」を発表。 ブルーインパルス 青い衝動 青いしょーじどう? 芽生えだからずっと青いんだ! 失礼しました この映像見たかったんだよ〜 見られなかった人達にも届け〜 ステキの思い出、写真よく見つけましたね〜 ワタシも頑張ろうっと お裾分けありがとうきょうタワー ではではー• 「そのぼうようとしたひろがりは、夜の闇をわずかに残している」。

7

あまりにも小さすぎてその存在にすら気づかずにきたウイルスに振り回される体験をした後も、私たちはまだ物をつくり続けるのだろう。

soramimi , toiu tango ha sih! あのとき青い空見上げた人たちが、おんなじキモチでいたのってすごいなぁ 本当に晴れてよかった😀• 既出の文章に書き下ろしや未発表私記を加えて構成された本書『空を見てよかった』に触れているうち、そのときの感覚がよみがえってきた。 「このとき、すべての方向より、私を突きぬけて流れ去る断片の、その奥ふかく、すきとおったところには、続いているものが芒洋と横たわっている」。 ta ki ga si ta keredo sorami si ta no kamo sire nai. 数年前、目黒の庭園美術館で、体長数センチの彫像がぽつんぽつんと置かれている展示室をゆっくり回りながら感じていたのは、あのちいさな「ひと」たちに魅せられて近づいていくと、空間の持つ力が不意に減じて、むしろ居心地が悪くなりはじめることだった。

とするなら、そのような解釈を可能にする視点こそが、「存在」だということになる。 瀬戸内海・豊島にたえず生まれては流れゆく水滴や光と影、風にたなびくリボンらにより生みだされる唯一無二の光景が、見る者の心をつかんでやまない豊島美術館のパーマネント作品《母型》をはじめ、「地上に存在していることは それ自体 祝福であるのか」を問い、その空間に身をおくことでしか知りえない作品を世界中に生みだしてきた美術家、内藤礼。

2

撤退指示とかするなら明らかに相手団の稼ぐスピードが 自分の団より凄まじい時位ですし、 A団で頑張ってる人たちは10億以上稼ぐのが当たり前の世界というね。

7