アラジン ブルー フレーム。 アラジンブルーフレームヒーター

春から持ち越しの古い灯油を使用されている可能性があります。 芯先端部分がボサボサでなめらかに整形されていない可能性があります。 ということですね。

この商品はかなり前からあるのは知ってましたが使い勝手はアンティークなデザインで安全性もあり電気ストーブよりも暖かいです。 家電メーカーは後に例外なく石油燃焼機器から撤退した。

10

しんを下げ、落ちたカーボンをやわらかな布などできれいに拭き取り、内炎板をセットしてください。

3

外枠とクリップの形状が変更された。 ちなみに、こんな環境で観てます。

9

ブルーフレームヒーター グリーン 「ブルーフレーム」を代表するカラーが、このグリーンです。 美しい青い炎はムラなく気化された灯油が充分な酸素を取り込んだ、良い燃焼状態である証拠です。 。

2

しん外筒上面に付着したカーボンは、器具をいためないように気をつけて削り落としてださい。 そのわけは点火時と同時にブルーの炎で燃焼する為、未燃焼ガス(におい)の発生が起こりにくく、同じように、燃焼時のしんおよび、その周辺の温度が低いので、消火時間が短く、未燃焼ガス(におい)が発生しにくくなっているからです。

7

・換気が必要 酸素が不足すると一酸化炭素中毒になります。 ユニークな構造が話題になったものの、ブルーフレームヒーターほどの地位を確立するには至らなかった。 3の掃除をしてください。

5