こじ ゆう 小説。 — こじ

に触発されて描かれた作品として話題となった。 かけっこも算数も国語もじょうずになりたい。 、ラジオ番組『柳美里の』()が第36回奨励賞を受賞。

9

そしてまただきしめるんです。

経歴 祖父は韓国で靴屋を営み、健脚でのマラソン選手候補であった。

10

だけど、それをゆるしてくれるひとは、どこにもいないんです。

3

第83回 該当作品なし• 『男』、 新潮文庫、2002年 解説・• 第155回 「」• 凪良ゆうのBL小説でおすすめは「おやすみなさい、また明日」 過酷な状況に身を置く人間を描くのは、凪良の得意とするところだ。 ドン・アルフォンソ() - 1、2、3、4、6の友人で哲学者。

第104回 「」• 第57回 「カクテル・パーティー」• 第65回 該当作品なし• たし算とひき算もじょうずにできません。

13

『人生にはやらなくていいことがある』ベスト新書、2016年12月• それが、ぼくはとてもこわいです。 お兄ちゃんにはどうだっていいことなんです。 『麻雀放浪記4 番外篇』文春文庫、2007年11月• 『春の消息』(との共著)第三文明社、2017年• ともだちだってほしい。

2の恋人。 なおとは一時激しく敵対していたが、その後和解。

12

第86回 該当作品なし• を、1983年に横浜共立学園高等学校に入学するもに遭い、1年でし、翌年率いるミュージカル劇団に最年少で入団。 - に入学。 人物 以降は、・、など執筆活動に専念し、演劇活動はしていなかったが(2007年から2008年にかけて「柳美里演劇カムバックサイト『青春五月党2007』」を連載している)、2018年に復活公演を行う。

6