瀧田 渉。 整形外科

諸悪の根源であるタバコの撲滅と禁煙治療に力を注ぎ、呼吸器疾患で苦しむ人のいない社会の実現を目指している。

なにを当たり前のことを、と思われるかもしれませんが、私が大事にしたいのはそんな医療に携わる者が持つべき基本姿勢に他なりません。 緩和医療 緩和医療も行っており、抗がん剤を使用しながら除痛をはかる緩和療法に取り組んでいます。

14

医療従事者、特に我々医師が患者さんの症状や悩みをパーソナリティや背景も含めて正確に把握し、接点となって適切かつ必要な医療に結びつける。

テレビの報道番組や情報番組の持ち味はと 「現場性」と 「生放送」ということである。 そういうチーム編成を早くしていただいて オーバーシュートしないことをもちろん期待していますけれども、 そうなったときに備えた チーム編成と教育を急いでいただくことが必要かと思っています。

7

瀧田医師が撮影した映像では、コロナに感染している患者はこのエリアにと赤い線を廊下に記して区分けしていても、感染した患者が一般の区域に入ってきたり、さらに救急搬送された患者や救急隊員がそこに急に入ってくる様子が映し出されていた。 至急改善して、とにかく危機感をもって・・・」 その後の倉持医師の言葉は現場の医師としての実感を伝えていた。 番組では横浜市内の中規模病院を取材した。

5

このように、文章で書くと簡単な手術のように感じられるかもしれませんが、実際は開腹手術に比べ、熟練した外科的な技術がないと安全な手術は行えません。 先日小学校の卒業アルバムを開いてみたところ、将来の夢は「内科医になる」と書いていました。

16

結局、大学時代まで全て部活動でテニスを続けることになり、自分でも驚いています。 しかし高校一年生になり、漠然とでも自身の将来の姿を多少なりとも想像するようになると今度は、忙しさはあれど直接誰かのために働くができる。 こういう時期にテレビが何を伝えるべきなのかを考えながら。