画龍点睛 意味。 「龍」がつくかっこいい四字熟語|23個をピックアップ&意味解説!由来や成り立ちについても紹介

画竜点睛の語は、というに書かれたにして、というのが描いた竜の絵が、の瞳を描き終えたの竜のように空高く上がったというが。 「画竜点睛を欠く」と「画竜点睛」では、意味がまるで違いますね。 ・ 「画竜点睛を欠く」とは、「ものごとの最も肝要なところがまだなされていない」という意味です。

13

石や木で仏を作っても、それに魂を入れなければただの飾りと同じであり、いちばん大事なものが抜けている、という意味です。

そこで仕方なく竜の瞳を描き入れてみせると、竜は雲に乗ってたちまち天に昇っていったという。 正しくは、「画竜点 睛」と表記します。

とは絵に描いた竜のことで、「」「」と読む。 雲蒸龍変(うんじょうりゅうへん) 意味:良いタイミングでやって来て英雄が活躍すること 雲が発生し龍が勢いを増し、龍が変革を起こすかのように自在に活躍する。 類語 点睛開眼 てんせいかいがん 故事 中国六朝時代、梁 りょうの絵の大家張僧繇 ちょうそうようが都金陵 きんりょうの安楽寺に四頭の竜の絵を描いたが、睛 ひとみを描き入れると竜が飛び去ってしまうと言って、睛を描き入れなかった。

18

多くの場合僧繇に命じて描かせていた。

20

使い道ないねコレ。 このことから「これがなければ、完成しない」という 「仕上げ」のことを「点睛」とも言います。

7

[ 原文・書き下し文・現代語訳 ] 張僧繇、呉中人也。 そこで彼は仕方なく4頭の竜のうち2頭だけに目を描き入れます。 武帝は、彼に寺を壁画で飾るよう頼みます。

6

画龍点睛【がりょうてんせい】 睛はひとみ。 これは、のが不十分であることから絵が不完全という意味を表している。

20

二匹の竜は雲に乗り、躍り上がって天に昇った。

16