ホンダ 車種 ランキング。 ホンダ 人気車種 燃費情報まとめ(フィット、ヴェゼル、ステップワゴン)

その後、1958年には超ベストセラー原付「カブ」の発売、1959年にはアメリカに進出するなど順調な成功を収めます。

13

このように収納が充実しているかどうかも、要注目のポイントです。 車はどこに止めて寝泊まりして良いものではない。

10

6万台を記録した初代シティ 1974年10月にホンダの軽自動車として人気をキープし続けたライフが生産中止となり、一時期は売り上げが急降下していました。

16 ホンダが長年磨き上げてきた経験と技術力を象徴する車といえばホンダNSX。 また、キューブ、ジュークなど人気のあったコンパクトカーをモデルチェンジせず廃止したり、エルグランド、スカイライン、フーガ、マーチなどもモデルライフが長くなっているのにマイナーチェンジに留めていたり、そんな現在の状況に対しては国内担当の日産社員の嘆きが漏れ伝わってきます。 使いやすさと経済性で人気「ハッチバック系コンパクトカー」の2020年度上半期(4〜9月)おすすめランキングBEST6 元祖・コンパクトカーといえばやはりこのハッチバック系。

シティからロゴになりコンパクトカーとしての方向性を模索する中で、「ぴったり」や「ちょうどいい」を意味する英語が名前の由来にちなんだ開発コンセプトも動き出します。 そして2017年12月にモデルチェンジを行いハイブリッドタイプもでた人気車種です。

車は使い方次第では無限の可能性を秘めている乗り物で、 思い立ったらすぐに、どこにでも行けるし、旅には欠かせないだろう。 現在、国産車で買うことのできるSUVは、軽自動車を除けば約35車種ほど。 とはいえスカイラインのマイナーチェンジ、新型フェアレディZなどを見ていると風向きは少し良い方に変わってきたかなと感じます。

フリードHYBRIDGのカタログ記載燃費はjc-08モード27. 6万台以上を記録した初代ホンダ・シティとホンダ初となるカーオブザイヤーを受賞した3代目シビックの2車種になります。 即ち、4気筒エンジンの中では、最上級のアイドリングストップ技術だと言えます。

14

ガソリンモデルのベースグレードでは200万円をきる購入しやすい価格帯も人気の秘密です。

4

二代目フィットからはボディサイズが初代モデルよりも一回り大きくなり、車のコンセプトを初代モデルから大幅に変更しています。 7 28 MAZDA2 マツダ 2,124 19-9 28 ヴィッツ トヨタ 2,876 37. ・ホンダ シャトル ホンダシャトル 3代目のフィットをベースに車体後部を延長したワゴンです。 自動車業界では、これまで大型セダンやミニバン、コンパクトカーが新車販売台数の上位を占めていましたが、低燃費性能が売りのハイブリットタイプの車が発売されたことで、年間販売台数のトップに君臨する新車車種へとランクアップ。