日産 ホンダ など 欧米 の 生産 休止 を 拡大。 欧米進出の日本企業 工場生産や販売店の営業停止の動き

資料写真。 トヨタは7~9月の世界販売台数が前年同期の8%減にまで戻り、ホンダは1%増と大健闘を見せた。 日刊工業新聞2020年3月2日. 自動車メーカーが1社単独で対処するのは難しく、パートナーと協力して事業を効率化し研究開発費を捻出したり、開発作業を分担したりする戦略の重要度が増す。

現在、ホンダは4輪車事業の収益性向上に取り組んでいる。

4

2018年11月に逮捕される前、日産と仏ルノーの経営統合を画策していた。

12

自動車分野をめぐっては、中国・天風証券が「中国が日韓から輸入する部品は主に、変速機やステアリング装置など付加価値の高い製品に集中している。 記事はまず、「突然現れた新型コロナウイルス感染症が多くの企業の運行リズムを乱した」と述べ、ダメージは世界全体の製造業に及んでいると説明。 ホンダは、米アラバマ州、インディアナ州、オハイオ州で約1万8400人の従業員を雇っている。

対処すべき課題が広範囲にわたり、規模拡大だけでは対処しきれなくなっているためだ。 米インディアナ州の工場は3月23日に稼働を停止し、再開も4月20日に延期。 販売台数(計約870万台)で世界4位の自動車グループが誕生する見通しとなった。

9

その質(=採算性)の低さこそが、現在の日産が抱える最大の問題だ。 日本の自動車産業にとって、米国市場の混乱はとりわけ痛い。

7

また日産・ルノー・三菱自動車の3社連合の行方も焦点。 トヨタは落ち込みが大きかった欧州で約4割、米国や中国は2割程度の減少となり、アジアで中国に次ぎ生産が多いタイが33.3%減など新興国の影響もあり、世界全体では約64万台で20.6%減だった。

2

リーマンより深刻か 過去を振り返れば、金融機能がマヒした2008年のリーマンショック時にも、自動車産業は大きな打撃を被った。 主要市場での新車需要回復に加え、固定費削減などの構造改革効果が大きい。 この問題について、中国人民大学国際関係学院の金燦栄(ジン・ツァンロン)副院長は、「中国の多くの製造業でカギとなる製品や部品を日韓に依存している」と話し、一例として電子、自動車を挙げたという。

記事はまた、「イタリアの自動車向け電子製品メーカーが従業員の感染を理由に生産を停止したことで、欧州の多くの自動車メーカーが生産ラインの稼働停止を余儀なくされた」などとも伝えている。 一方、トヨタ、ホンダ、日産ではめどが立たない。 一般管理費も15%削減し、年間の固定費を2018年度と比べて3000億円削減する計画だ。

18