千葉 雄大 光源氏。 千葉雄大は学生時代優等生?弟が可愛くて父や親戚がすごい?【A

そして、伊藤沙莉さんとの共演とてもうれしいです」とコメントしている。 だからこそ「見ていてほんのり暖かい気持ちになる」という声も寄せられていた。

8

千葉雄大写真集『彩り』 撮影:多田悟 ワニブックス刊さらに、前作との違いについて聞かれると「前作と同じ編集の方とご一緒したんですけど、『顔付きが変わった』とおっしゃっていただいて、そこは自分では意識しなかったところなんですけど、29歳の1年間でいろんな役をやらせていただいて、色濃い年だったなと思ったので、そういうのも混ざっているのかなと思います」と語り、「かわいいを封印しているのでは」と声をかけられると「(かわいいを)作ってお金を稼ぐときもありますけど、基本的には繕っていないつもりです。 でも、平安の装束を身につけていると体の動きが制限されるんで、たまに解放されたくなる瞬間があって、その時にミュージカル調に…。

12

伊藤:(噴き出して)…嘘? 千葉:嘘じゃないよ。 直衣(のうし)姿がピタリとくるには、胸板の厚さも必要。

20

オフィシャルファンクラブ いとう・さいり 1994年5月4日生まれ。 『いいね!光源氏くん』 地味なOLの沙織(伊藤)が自宅で寛いでいると、目の前に平安貴族の扮装をした光源氏(千葉)が現れる。

19

そこから解放されたい瞬間があって。 千葉雄大さんの涙もろさは根っからの性分のようですね。

觀衆指在疫情下此劇為生活添上歡笑。 浮世離れしたキャラクターに説得力を持たせるには、見た目と演技力の合わせ技が欠かせないが、「烏帽子と平安装束が似合ってて笑える」、「飄々とした演技がいい」、「源氏物語は読んだことないけど、光源氏ってこんな感じかも…と思ってしまった」とハマり役との声は高く、千葉の存在が本ドラマの人気をけん引した要素の1つであることは間違いない。

同ドラマは、『源氏物語』の主人公・光源氏(千葉雄大)が現代に出現し、一人暮らしのOL・沙織()の部屋で同居生活を送るという奇想天外なラブコメディ。 奇想天外な設定で人気の同名漫画が原作。 悩むところです。

5