鶴田 玲美 高校。 【陸マガ12月号】駒澤大、復権! 全日本大学駅伝、箱根予選会、全国高校大会リポート、相澤晃インタビュー

7月下旬、東京選手権200メートルを県新記録で制し、100メートルとの2冠に輝いたことで一躍注目を浴びた。

鶴田玲美(23=南九州ファミリーマート)が伸び盛りの勢いを示した。

3

バスケットボール [12月9日 12:32]• 玉里島津邸の跡地に建てられている高校でもあり、県内全域から入学希望者が来るのだそうです。 そして迎えた決勝では、序盤でスピードに乗り他の選手より前にでると、持ち味の中盤から後半の伸びでさらに差をつけ、自己ベストを0秒53も縮める11秒48の走りを見せ、大会新記録で優勝。 そのため自粛空けには好記録を連発。

8

鹿児島女子高等学校は鹿児島県鹿児島市にある女子校です。 向かい風ながら日本歴代3位の23秒17で初優勝し、「ベストは更新できるという感じはあった。 フィギュア [12月6日 22:10]• きっとご家族が一番鶴田選手の努力や苦悩などを知っていると思われますので、嬉しくて泣いているのかもしれませんね。

体調管理や食事面など、全面的にバックアップ体制をとってくれたのではないでしょうか。 フィギュア [12月5日 21:45]• スポーツ 担当記者が振り返るスポーツ界激動の1年/連載一覧 []• 勝っておけばまた、違ったかなと思います。 国内トップ選手が出場した8月のセイコー・ゴールデングランプリは100メートルで2位。

6

陸上 [12月7日 10:39]• 昨年女王の児玉は「コーナー抜けて(鶴田に前に)いかれていたのが見えたのでちょっと意識してしまった」と苦笑い。

sp 水色のユニフォームを着ているのが鶴田玲美さんです。

13

兒玉とともに女子短距離新時代を担うスプリンターだが「まだ今年(成績が)良くなったばかりなので、あまりそのことは意識していません」と鶴田。 バスケットボール [12月8日 8:48]• ともに日本選手権(10月1~3日・新潟市)の参加標準記録を突破した。 ラグビー [12月9日 9:17]• Contents 大会報道 第104回日本選手権 新鋭・真野 2戦連続の2m30超え 女子スプリント新時代の息吹 ~ 100m 兒玉芽生&200m 鶴田玲美 男子やり投 新井vsディーン/女子1500m 田中が念願の初V 女子400mH 大4・イブラヒムが56秒50 ほか 第104回日本選手権・混成競技 十種・中村が3年ぶりV、七種・山﨑が3連覇 全日本実業団対抗選手権 新谷仁美&廣中璃梨佳が14分台! 日本インカレ 兒玉 女子スプリント3冠 橋岡 8m29の大会新 水久保が100m・200m2冠、日大ロングスプリント、ルーキー・髙島が躍動 ほか 大会展望 駅伝 展望 全日本大学駅伝 優勝争いは「3強」が中心 箱根駅伝予選会 〝無観客〟の10. 次々と実績を上げる同世代の選手を横目に、「やるべきことをやるだけ」と焦ることなく練習に取り組んできた。

12

テニス [12月5日 18:15]• バスケットボール [12月9日 10:41]• 今後は日本を代表する選手としてさらに活躍を」とエールを送った。