サーティーン ドラマ ネタバレ。 ネタバレ有「13 サーティーン/誘拐事件ファイル」全話あらすじ・登場人物(キャスト)・感想

死体は7年間そこにあったと判明。 マークが10歳の少女フィーヴィーを誘拐 逃亡中のマークが、新たな誘拐事件を起こします。 今と過去の間で、苦悩する百合亜の複雑な心境を演じた、若手女優の 桜庭ななみさんの演技にも注目です。

2

いざとなったらどう言って良いかわからなくなって、時間を潰していたら一樹(藤森慎吾)が来てさらわれた。

14

現在のところ、誘拐犯と断定はできていませんが、物語が進むにつれて確定するのではないかと思われます。 リサ刑事はアイビーに、犯人がフィービーを拉致した新しいアジトの心当たりないか尋ね、「母親キャロルを老人ホームに預けた」という証言をもとに犯人の母親を探します。 で、幼い頃の懐かしい話します。

そして、年内にも入籍の手筈になっていることを百合亜は告げられます。 そう考えれば気が楽になりますけど。 企画:市野直親(東海テレビ)• 脱出した直後、家が大爆発します。

黒川一樹(くろかわ かずき) 演 - () 百合亜を13年前、誘拐した犯人。

1

原作:Thirteen 作者:Marnie Dickens 放送局:BBC Three• モクサム家に同居している。 相川百合亜(桜庭ななみ)が13歳時に忽然と姿を消します。 百合亜は隙をみて銃を奪い、流産したとき泣いた理由は悲しいからではなく、犯人の子供を産みたくないから安堵の涙だったと告白。

15