大野 智 ソロ キャンプ。 『嵐にしやがれ』ヒロシとサトシの無人島キャンプファイナル「俺も普通でいれる。だから俺が居心地がいい」(「ヒロシとサトシのソロキャンプ」最終回)

笑 その他 so-so-so ライブDVD『』収録 キレキレで激しいダンスナンバー。 11月28日、『にしやがれ』に嵐・とヒロシが出演した。 赤くて大きくて、裏側が黒色です……。

20

サビは2人の大野くんが交錯するんで、1人で歌うことができません!笑 冒頭のラップ部分に翔くんが参加しています。 そのままゆっくりしゃがみ込み。 もともと絵を書くのが好きで、「FREE STYLE」という個展を開催するくらいの芸術家です。

19

ヒロシとサトシの無人島キャンプファイナル 「ヒロシとサトシのソロキャンプ」もこれが最終回。 特にラスサビ前のフェイクは 圧巻。

1

俺はそれで終わりだと思ってるから」「まさか無人島来るなんか思ってないし、ましてや(大野と)友達になるとは思ってなかったし、こんなこと人生でなかったからね」と発言。 まだあるんですよ!」と言いながら、大野にハンモックを張ろうと提案。 あの緩やかなペースと前に出過ぎない感じ、そして誰も傷つけない発言やオーラがみんなから愛されるんだと思います。

15

キャンプというものだけでいっても」と話した。 それを受けてヒロシはこの企画について、「コロナでね、こういうご時世になって苦し紛れにソーシャルディスタンスで屋上で無理くりキャンプロケやったってイメージなのね。

13

ヒロシさん「そう。

20

こ、これでいいや、焚き火」 と、今度はハンモックから右腕を出して焚き火に木をくべるそぶり。 智くん、右手のお箸でも左手でも小魚を持って、かじりついていました。 これはもう 芸術作品です。

8

その中で大野は「この半年間で急激に色んなことをさせてもらったよね。 この曲はダンスというより歌を楽しむイメージ。 ハンモック本体を両肩にかけ、少しずつもう1本の木のほうへ。

9