願い が かなう ふしぎ な 日記。 願いがかなうふしぎな日記|数ページ読める|絵本ナビ : 本田 有明 みんなの声・通販

『自分の望みを叶えようとすれば、そのために本気で努力すれば、たいていのことはきっと実現するのではないかと夢や望みは、頭の中でぼんやりと考えているだけでは実現しません。

この本の対象読者である十歳前後の子供たちは、光平の体験を通して、光平の願い事の叶え方を学ぶことができるので、とてもラッキー。

と思うことが、一つのポイントなのかもしれない。

6

この本を読んでやってみました。

11

タイトルを見るとファンタジーなのかな?と思うが、実はそうではない。 あとがきに感銘受けたので…ちょっと紹介します。 もっといろんな人の文章に触れ合いたいものだ。

9

amazonでセールをやっていたので、張り切ってkindleを買ってみました。 おばあちゃんの日記を「本物」にするために、願いを叶えるべく奮闘する光平の成長の物語。

16

純粋に"かなえたい願い"があり、それを日記にする。 至極当然のことなのだが、改めて小学生について考えたことがないので、戸惑ってしまった。 大人で1時間で読めました。

十歳でこれを体得したら、その後もずっとそのパターンで行動できます。 妄想族の楽しみだ。 もしかして、本当に魔法の日記なの?と題名にひかれて、現在4年生の息子の学校での読書タイムに良いかと思い図書館から借りてきました。

9

いつの間にか考えすぎる そんな日記帳が手元にあるわけでもなく。