廃棄 物 処理 法 に 基づく 感染 性 廃棄 物 処理 マニュアル。 廃棄物処理における新型コロナウイルス対策について

なお、上記の平成四年八月一三日付け衛環第二三四号厚生省水道環境部長通知及び同日付け衛環第二三五号厚生省水道環境部環境整備課長通知「感染性廃棄物の適正処理について」は廃止する。 。

15

1 感染症法の一類、二類、三類感染症、指定感染症及び新感染症並びに結核の治療、検査等に使用された後、排出されたもの• 〇事業者又は優良産廃処理業者の処理施設において、新型インフルエンザ等(コロナウイルス感染症を含む。 記 一 医療関係機関等の感染性廃棄物の排出事業者に関する事項• 6.1 収集運搬及び保管• 市町村にあっては、感染性廃棄物を廃棄物処理計画の中に位置付け、その処理の推進を図る。

また、ご家庭でのマスク等の捨て方に関するチラシも作成したとのことですので、御活用ください。

5

2 管理者等は、感染性廃棄物の種類ごとに発生施設及び発生量を今までの実績をもとに把握するものとする。

2 法では、一般家庭の日常生活に伴って生ずる廃棄物の処理は市町村の責任で行うこととなっているが、事業活動に伴い生じた廃棄物については排出事業者が適正に処理する責務がある。 新型コロナウイルスに係る廃棄物対策のチラシの周知について 宿泊療養施設から排出される廃棄物の取り扱いに関するチラシ及びごみの収集運搬作業における感染症対策に関するチラシを周知するため、環境省より下記の通知が発出されました。

三 都道府県に関する事項• ・ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、一定の期限までに履行しなければならない義務の一部について、その履行が困難になっている状況を踏まえ、履行期限の延長を行うなどの特例についての通知が発出されました。 更新版のチラシは下記リンク(旧チラシの掲載場所)をご確認ください。