ホラー 映画 名作。 日本のホラー映画おすすめ50選!眠れなくなること必至!【閲覧注意】

最後まで意表を突かれる展開と絶妙な演出が見どころです。 死霊のはらわた• 主演は「王様と私」でゴールデングローブ賞を受賞したデボラ・カー、監督はジャック・クレイトン。

6

劇映画として鑑賞すると 正直観れたものではないですが、 雰囲気づくりとオチのない終わり方が、 本物くさくてゾクゾクします。 第4弾ではありますが、それまでのシリーズより見やすく、最も高い評価を得ました。

「フッテージ」もアマゾンプライムで視聴可能! 未視聴の方はぜひ。 平均レーティング 3. 徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の異形の姿だった。 デストラップ・死の罠• ーより引用 こちらもホラー小説家スティーヴン・キング原作の小説を映画化した作品。

興行収入は全世界で3億ドル以上の大ヒットを記録し、多くの続編やスピンオフが存在します。 あれから半年。 大きなホテルで3人だけの生活が始まるが、ホテルの「怪異」によりジャックは精神を病み始める。

18

グロ・人間• 配色や構図、衣装や小道具の細部に渡るまで、 統一された美的センスを感じます。 公開日:公開延期のため、未定。 2000年代に登場した俊才 スコット・デリクソン監督作。

6

あまり洗練されてはいませんし、 脚本もちょっと説明不足に感じる部分もありますが、 見事にホラーしていて怖いです。 クリストフ・ガンズ• 現代のワシントンを舞台に、12歳の少女リーガンの体にとりついた悪魔を取り除くため、悪魔払い士(エクソシスト)が立ち上がり、恐怖の戦いに挑む姿を描く。

女の敵ですけど、映画に罪はありませんからね・・・・ ストレンジャーズ<戦慄の訪問者> ブライアン・ベルティノが初監督を務めたサスペンスホラー。

10

冒頭の「まだ映画を見ていない人には、決して話さないで下さい」という前置きも印象的でした。 公開日:2020年7月3日 金 スリラー映画『ナイチンゲール』 英国植民地時代のオーストラリアを舞台に、残虐な将校らに家族を奪われた女囚が、復讐を遂げるまでの姿を描いたリベンジ・スリラー。 ーより引用 監督は『ゲット・アウト』でアカデミー脚本賞を受賞したジョーダン・ピール。

18